ブランディングのために本を出す/コラム

HOME > コラム > ビジネス > ブランディングのために本を出す

ブランディングのために本を出す



きのうも書きましたが

ブランディング出版というのは、

「本を出すこと」が目的ではなく

【認知度を上げ利益をもたらす】


ことが目的です。


なので自費出版よりも、

細やかな企画会議が必要となります。



基本的には

通常の書籍の出版と変わりません。





まずは出版社と相談して

企画の立案をおこないます。


企業のPRポイントや

どんな構成がよいか、

目を引くキャッチコピーや印象に残るタイトル、

デザインなども含めて内容を考え、

書籍の体裁や価格、ターゲット、プロモーション活動を話し合ます。



企画を決めていく段階で、

頭の中が整理できますから、

通常の仕事にもいい影響を与えてくれます。



原稿作成のばあい、

本人が書くことが多いのですが、

プロのライターが取材をして、

原稿を作成することもあります。



じつは、ぼく自身、じぶんの本を出す前に

高名な学者先生や、師匠の本のゴーストライターを

手がけた経験があります。



不本意ながら、

自分の本よりもゴーストで書いた本の方が

売れ行きが高いのです。



皮肉ですが、そういうものなのです。

 

 

もちろん知名度もありますが、

それよりも客観的に書けるからでしょう。



さて

原稿が形になると、校正の作業に入ります。


事実の誤認はないか

企画の意図とずれがないか

文章が読みやすいか

文言が統一されているか


などをチェックするのです。

 

ここで最終確認をクリアすれば

印刷して製本へと進みます。



その後、

全国の書店へ配本したり、

媒体へ宣伝活動をしたりします。



出版費用は、だいたい

200万から350万円ほどです。



もちろん書籍の体裁、ページ数、

部数、流通網の範囲によって変わってきます。



ビジネス書で一般的なのは

四六判ソフトカバー、もしくは新書サイズです。




初版は3000から1万部です。



それを基準とすると、

ブランディング出版の場合は、

最低でも数百万円かかります。



ぼくはこれまで

幻冬舎、扶桑社、祥伝社という大手の有名出版社から

東洋書院、宮帯出版、たま出版など

歴史やオカルトの専門書まで

幅広く交流してきました。



その他にも、

企画は通ったものの出版にならなかった会社が5社あります。



これから企画出版なので

費用はすべて出版社が用立てしてくれます。



出版に対する考え方は、

編集者によってぜんぜん違います。


しかし出版社は商売ですから、

【売れそうな本】しか出してくれません。



めちゃくちゃ有名とか、話題の人とか、

知名度がポイントです。



それにくらべてブランディング出版は、

『どんな本ならあなたに利益をもたらすか』


という部分に焦点を当てます。



本を出すことで顧客が増加しますし、

講演会などの依頼にもつながりやすくなります。


ポイントとなるのは、

いかに「宣伝活動」として

マーケットに沿った本を作るか

という点です。



出版というと

「こんな本を出したい」という

理想が先だってしまうものですが、

企画チームとよく相談し、

「どんな本なら利益をもたらすか」

という現実を考えることです。



本を出すのには大手出版社からが最高ですが、

さすがに現実的ではありません。



そこで、ぼくは自分で出版社を立ち上げて

好きな本を出そうとしましたが、

莫大な費用がかかります。

 

でも今の時代、

電子出版という方法があるのです。

すでに2冊、ビジネス系の本を出しています。

 

ひとつ目が

『 人材に悩む経営者のための占い師が答える31の助言 』





そして2冊目が

『 占い師が導く! 今の会社をあと3歩成長させる方法 』


です。


もしあなたの周りに、

「いつか本を出したい」

「この人の本を読みたい」

という人がいましたら、ぜひご紹介ください。


もちろん自薦も大歓迎です!

 

 

 

 

 

 

*占いレッスン50万円分が完全無料!

【紫微斗数10時間+四柱推命20時間+
タロット10時間+姓名判断5時間+手相5時間】すべて教えます!

 

 

 

 

 『日刊メルマガ』毎朝8時に配信しています。登録無料!

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 

 

中島多加仁【星読み師☆taka】

 

 

Lineトーク占い師募集
国内最大級の占いサービス・LINEトーク占いの占い師を募集しています

< そろそろ本を出しませんか?  |  一覧へ戻る  |  アマゾンのオンデマンドで本を出版してみませんか? >

このページのトップへ