チームプレー型とスタンドプレー型/コラム

HOME > コラム > 思想・哲学・心理学 > チームプレー型とスタンドプレー型

チームプレー型とスタンドプレー型

 

多くの優れた経営者は

四柱推命と重んじています。

 

さらに紫微斗数(しび・とすう)にも

興味と関心を持ってくれます。

 

四柱推命は

その人の器を読み解く。

 

紫微斗数は

その人の精神面を詳細に分析する。

 

ともに経営者にとって

必須の占術であり帝王学です。



かの徳川家康は、

こういった名言を残しています。

 

「功あるものがおれば禄を与えて報いる。

間違っても地位を与えてはならない。

真に能あるものには、の人物にこそ地位を与えるがよい」

 

と。

 

しかし往々にして多くの経営者は、

この家康の言葉の逆をしてしまうんです。

 

実績をあげた者に管理職という地位を与え


リーダー性のある人材には、

昇給で評価してしまう傾向があるのです。

そうすると

部下からの不満が出る。

 

管理者を選ぶときは、その《実績》ではなく

《適性》に着目するべきなのです。

 

 

占いでみる適性にも、

指導者タイプと

そうでないタイプがいるのです。

 

つまり、

 

『チームプレー型』と

『スタンドプレー型』ですね。

 

組織向きとフリーランス向き

とも分類できます。

 

 

しかし、ぼくの経験からすると、

「適性と逆の生き方をしている」

人がずいぶん多いのです。

 

よく考えてみてください。

適性でないポジションにつくと、

「ストレス」が発生します。

 

組織内では、

そのストレスを隠さなければいけません。

 

すると次第に、

精神を病むようになる。

 

それが、

鬱の原因になるわけです。

 

結論を言います。

 

 

リーダーとしての資質は、

 

生まれ持ったものです。

 

 

だから、管理職者の選定には

細心の注意を払う必要がある。

 

 

リーダー気質じゃない管理職には、

そもそも管理職にさせないこと。

 

 

定年まで現役で、

実力を発揮してもらうことです。

 

そうすれば

健全な組織を維持できるのです。

 

とは言っても、

 

人間の目から部下を

正しく判断することはできません。

 

 

ですから多くの経営者は、

すぐれた占術である『四柱推命』に

頼ろうとするのです。

 

四柱推命は、他の占術と違って

《人間の器》を的確に教えてくれます。

 

西洋占星術のように、どうとでも解釈できたり、

紫微斗数のような多様さはありません。

 

カバラ数秘術や九星気学、

あるいは宿曜のような、

ザックリと分類した占いでもない。

 

とても残酷な運命学なのです。

 

それゆえ、庶民ではなく、

経営者や政治家などに好まれる占術なのです。

 

 

*占いレッスン50万円分が完全無料!

【紫微斗数10時間+四柱推命20時間+
タロット10時間+姓名判断5時間+手相5時間】すべて教えます!

 

 

 

 

 『日刊メルマガ』毎朝8時に配信しています。登録無料!

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 

 

中島多加仁【星読み師☆taka】

 

 

Lineトーク占い師募集
国内最大級の占いサービス・LINEトーク占いの占い師を募集しています

< あこがれよりも開拓の精神を  |  一覧へ戻る  |  資格ではなく、知識と知恵です >

このページのトップへ