あこがれよりも開拓の精神を/コラム

HOME > コラム > 思想・哲学・心理学 > あこがれよりも開拓の精神を

あこがれよりも開拓の精神を

 

人は潜在的に

ロールモデルを求めます。

しかし

 

目標とする人物が

複数である場合がほとんど。

 

というよりも、

複数のお手本がないと成り立たない。

 

なぜなら、

完璧な人間なんていないからです。




例えば、

誰か特定の人物をひとり決めて

「ロールモデル」としてみる。

 

しかし

その人物について詳しく知るほど、

自分との生い立ちや環境の差が浮き彫りになってきます。

 

仮にロールモデルどおりに実践し

失敗した場合、

 

その「差異」に

原因を求めてしまうのです。

 

「憧れ」から始まった関係ですから

反動も大きく、

最終的にロールモデルに対する

「失望」を招いてしまうわけです。

 

それを補うために、

複数のロールモデルを求めることになる。

 

しかし、

ロールモデルが複数あるのは、

互いに欠点を補いあっているだけ。

 

いわば「いいトコ取り」と同じ。

 

ですから、

ひとつひとつが及ぼす影響力は

さほど大きくはないのです。

 

そういった意味では、

絶対的なロールモデルなど、

ありえないということになります。

 

あくまで参考例、

あくまで目安のひとつ。

 

さて。ぼくは問います。

 

はたして創業者たちに

 

ロールモデルは必要なのか?


と。

 

そもそも、ロールモデルは

「あの人物のようになりたい」

という《あこがれ》の感情がキッカケとなっています。

 

少年時代に憧れた芸能人やスポーツ選手なども

ロールモデルのプロトタイプといえるかもしれません。

 

成長する過程ではお手本があったほうが、

迷うことも少ないし、自信を持って実践できる

というメリットもあるでしょう。

 

しかし、それは

自分が指導される側である場合に限ります。

 

経営者は組織を率いるリーダーです。

 

自分よりも上に立って、
引率してくれる人はいません。



つまり経営者自身が

「ロールモデル」となることを求められるわけです。


社長が従業員の

ロールモデルであるからこそ、

従業員はついてくるのです。

 

人に影響を与える側の人間が、

経営者の真の姿というわけです。

 

ロールモデルを求めるということは

「前例を踏襲する」ということ。

 

それはつまり、

経営者が持つべき「創業者の精神」

あるいは「開拓者の精神」とは

相反する性質にあるわけです。

 

厳密にいえば、

業種、時代、規模など条件によって

成功する要因は違ってきます。

 

仮にロールモデルを設定し、

その通りに実行しても

うまくいくとは限らないわけです。

 

前例がないからこそ、

創業者としてのカリスマ性が溢れ、

憧れの的であるロールモデルとなりうるのです。

 

よく、


「優秀な経営者には有能な占い師がついている」


という話を耳にします。

 

はたして、それは本当なのでしょうか?

 

よく質問されますので事実をお答えします。

 


ぼく自身、占い師になる前は

単なる零細企業の社長でした。

 

そのとき、すでに従業員の悩み、資金繰り、

女性問題、将来の不安などを、

ある易者に頼っていました。

 

ぼくだけではなく、

親交を深めていた若手経営者の

なんと半数以上もが、

 

「いい占い師がいたら紹介してよ」

 

と聞いてくるほどです。

 

女性ではなく、

みな男性経営者でした。

 

あるとき、

頼っていた易者が他界されました。

 

それからというもの、

ぼくの会社は右肩下がり。

 

人生も苦しみのどん底でしたね。

 

だからぼくは一念発起して、

みずから占い師になったのです。

 

もう二度と迷いたくない。

 

経営で苦しみたくないという一心で

自分の占いを信じるようにした。

 

それからは、

とても気が楽になり、

会社も成長しました。

 

結局は、

 

自分の信念をどこまで貫けるか

 

だと思います。

 

 

そういう姿勢の社長に、

従業員は安心してついてくる。

 

だから、どんな局面でも

乗り越えられるわけです。

 

 

Lineトーク占い師募集
国内最大級の占いサービス・LINEトーク占いの占い師を募集しています

< なかよし集団の弊害  |  一覧へ戻る  |  チームプレー型とスタンドプレー型 >

このページのトップへ