誰でも可能で途中参加OKな風水/コラム

HOME > コラム > 風水 > 誰でも可能で途中参加OKな風水

誰でも可能で途中参加OKな風水

 

昨日は「理気(りき)」と

「巒頭(らんとう)」について

すこし書きました。

 

分かりやすく言うと、

「理気(りき)」が家の中で

 

「巒頭(らんとう)」が家の外

 

ということです。

 

なぜ「本格的な風水」と「家相」に

これだけの差ができたのか。

 

その理由について、考えてみましょう。

家相という言葉が普及し、

一時期ブームになった「風水」。

 

 

メディアでも頻繁に報じられ、

多くの人が関心を抱いています。

 

にもかかわらず、

 

一般的に知られている家相風水と、

本来の「本格的な風水」の間には、

決定的な違いがあります。

 

 

一般的に普及している理由は、

《だれにでも実践が可能》です。

 

日本の住宅事情で

「巒頭(らんとう)」を考慮に入れるのは

かなり難しいわけです。

 

風水的に条件が整っている場所は

ほとんどの場合、

都市の中心部だからです。

 

気の流れがいいから、すでに繁栄している

というわけです。


ということは、

地価や家賃も高額ですよね。

 

つまり「巒頭」を考慮に入れた本格風水の実践は、


「お金がかかる」。

 

ようは、金持ちに有利な開運法なのです(笑)

 

それもそのはず。


もともとは一個人のための占いではなく、

国家レベルでの「都市づくり」に利用していた学術なのですから。

 

そんな「金のかかる」風水が、

一般に受け入れられなかったのは当然といえます。

 

一般庶民は「巒頭」にこだわる余裕なんてない。

 


で、考えられたのが

理気のみに絞った「家相」というわけです。

 

家の中の配置変えであれば、誰でも可能です。


すでに家を決めて住んでいても、

引っ越さずに、ある程度の改善は可能です。

 

「誰にでも実践可能」

「途中参加もOK!」

「間取りを見直して幸せに!」

魅力的なキャッチコピーです。

 

日本式の家相の親切心は、

これだけにとどまりません。

 

専門的な知識がなくてもいいように

個人差をはぶき、方角の意味を固定しました。

たとえば「鬼門」がいい例です。

 

日本で鬼門といえば

「不吉な方位」のイメージが強い。

 

しかし中国では、

鬼門を凶方位とはしていません。

 

 

本格風水でみると、

部屋の中の方角の吉凶は、

生まれ年と男女の別で変化します。

 

さらに、建物も

いくつかのタイプに分けます。

 

その上で、

人の相性と建物の相性、

「地運」という時期ごとに変わる

「地の気」の流れを複合して判断していきます。

 

一般的にイメージされる「家相・風水」とは、

比べ物にならないくらい複雑なのです。

 

いくら正しい理論だからといって、

広まらないのも仕方がない。

 

ですから、日本の家相は

あえて「巒頭」を採用しなかった。

 

日本の家相は、風水から分離し、

「方位とり」や「祐気とり」として

知られるようになりました。

 

吉方位に自ら赴くことで、

運気を高めようとする方法です。

 

風水では

 

龍穴(りゅうけつ)』と呼んで、

良い気の集まるところとし、

住宅を構えるにふさわしい場所としています。

 

しかし庶民が、龍穴に住むのは不可能です。

 

ですから

「そこに行って運気を高めよう」

と言い始めたのです。

 

現代的にいうとパワースポットが、

それに当たります。

 

ただし、パワースポットに家を建てるのは不可能…

じゃあ、別々に考えよう!

とね。

 

まさに、

各地の色々な文化を取り入れ、

自分たちのライフスタイルに合わせ改良してきた、

日本人らしい発想なのです。

 

 

*占いレッスン50万円分が完全無料!

【紫微斗数10時間+四柱推命20時間+
タロット10時間+姓名判断5時間+手相5時間】すべて教えます!

 

 

 

 

 『日刊メルマガ』毎朝8時に配信しています。登録無料!

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 

 

中島多加仁【星読み師☆taka】

 

 

Lineトーク占い師募集
国内最大級の占いサービス・LINEトーク占いの占い師を募集しています

< 本格風水との決定的な違い  |  一覧へ戻る  |  相術は《美醜》に着目する >

このページのトップへ