苦しみは現実そのものではない「不安の具体的な解決方法」/コラム

HOME > コラム > ビジネス > 苦しみは現実そのものではない「不安の具体的な解決方法」

苦しみは現実そのものではない「不安の具体的な解決方法」


生きている以上、ほとんどの人間が、

「不安な気持ち」を抱きます。



不安になると迷う。

不安になると焦る。

つまり、

悩みのもとは不安になるから。



ということで、

不安の具体的な解決方法について、

教えたいと思います。





人生の中において、

不安はつきものです。


不安やプレッシャーを楽しめる人は

そんなにいません。



普通の人は、

なかなか耐えられないものです。



心臓がキューっと締め付けられ

のどがカラカラになり、

 

胃が痛くなったり、手が震えたり…



「なるようにしかならない」

と頭では分かっていても、


感情が思うように

安定してくれないものです。


「誰かから批判されるかも」

「あの人から拒否されるかも」


そんな気分に苛まれますよね。



しかし、


「その不安の元から逃げることで解決をはかる」


というのは、よい策ではありません。




「強敵に立ち向かうことで、

 

  自分の経験値も上がる」

 

そう考えれば、むしろ

プレッシャーはチャンスなのです。



問題は、

あの独特の不快な気分を

どうやって減らすか。



それさえ出来れば、

不安に立ち向かえるはず。



たとえ消し去っても、

また不安はやってきます。



つまり、不安というのは、

一生消えることがない人間の感情なのです。



不安が押し寄せてきたとき、

別のことを考えて、

切り替えるようにしてみます。



「感情を自在に切り替えられる」

という感覚を経験すると、

徐々に強くなることができます。



不安になる⇒楽しいことを考える⇒

不安になる⇒楽しいことを考える



これを続けていると、


「苦しみは現実そのものではなく
感覚なのだ」


と理解できるようになります。



他人に切り替えてもらうのではなく

自分で切り替えるようにします。



自己肯定する能力を身につけることです。



誰かに批判されて、

その批判にまた別の人たちが同調する。



それを静観するのです。



無視するのとは違います。



無視したり、

見て見ぬ振りをするということは、

意識していることになるからです。



だから《静観》する。



かりに事実無根であっても、

事実であっても静観するんです。



不安に感じたことの95%以上が、

実際にはおこりません。



しかし、まれに
おこったりします。



その際はこう思うのです。


「しょうがない。これが定めだ」

と。



あきらめるのとも違います。


あきらめてはいけません。

方法を変えるのです。



今の時代、よく会社が倒産します。


お店も頻繁に閉店します。



取引先の会社が倒産するなんて、ざらです。



その都度、巻き沿いをくらいます。



多額の借金を作ることもある。



貸した金、投資した金額が

返ってこないこともある。



いまも、その不安に苛まれています。


それが人間というものです。



経営者だって、

不可抗力で倒産することがある。

 

そんな会社に勤めていたら、

仕事がなくなって無職となる。


そのくらいの憂き目には遭います。

時代が時代です。



でも、それを憂いて不安になっていたら?


メンタル的にやられてしまいます。



倒産したらしょうがない。


次、探そう。


だいじょうぶ。なんとかなるさ。



そう考えるようにしておくのです。



そして将来のことを考えて、

今のうちにはじめましょう。


副業ではなく復業を!


会社に勤めていても、

いつか辞めなくちゃいけません。



だから、いまから

複数の収入をつくるのです。

 

 

*占いレッスン50万円分が完全無料!

【紫微斗数10時間+四柱推命20時間+
タロット10時間+姓名判断5時間+手相5時間】すべて教えます!

 

 

 

 

 『日刊メルマガ』毎朝8時に配信しています。登録無料!

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 

 

中島多加仁【星読み師☆taka】

 

 

Lineトーク占い師募集
国内最大級の占いサービス・LINEトーク占いの占い師を募集しています

< 不安はどこから生まれるのか  |  一覧へ戻る  |  学歴や資格だけでは願いは叶わいません >

このページのトップへ