突然「残業できる?」と言われたら/コラム

HOME > コラム > ビジネス > 突然「残業できる?」と言われたら

突然「残業できる?」と言われたら


おはようございます。

今夜は、起業カフェ☆スタートアップ交流会!

 名古屋からステキなゲストがいらっしゃいます。

 

 

さて今日は、

突然「残業できる?」と言われたら....

というテーマで書きます。

 

相手が自分にとって不利な要求してきた場合…

どうしても譲歩できなければ、
断らなければなりません。

 

なぜなら基本的に人っていうのは

相手の要求が自分に必要ないとき
関係を築こうと思わないからです。

 

例えば、

定時で帰る予定で約束を入れていた日に限って、

上司から

「残業できる?」なんて言われた。

 

あなただったら、どう答えますか?

 

よくこんな人がいます。

「約束があるので、残業は無理です!」


シャットアウト型の返答ですね。

 

これでは、間違いなく上司の反感を買ってしまいます。


逆に、こう言うとどうでしょう。


「すみません。どうしても外せない用事がありまして。

そのかわり次回は出られるようにします!」

 

たとえ、社交辞令だとわかっていても、
悪い気はしないものです。

 

自分の意思を伝えるのではなく、
フォローの言葉を添える。

 

それだけで相手は、

その要求が通らなくても、
さほど嫌な気分にはならなかったりします。

 

これが、次の仕事につながるわけです。

 

つまり関係構築術とは、

相手との関係を、完全に断たず
つなげておく方法のことです。

 

普段から密接にかかわる必要はありません。

何かのキッカケで、ふと思い出してもらう。

 

この関係が無数にあることで、
自分を中心とした『人脈のネットワーク』を
たやすく構築できるわけです。

 

交渉力の退化は、
コミュニケーション力の退化だと、
ぼくは思っています。

 

人と人との関わりを大切にすること。


お金や理想の恋人は、その付録にすぎません。

 

あくまでも目先の損得ではなく、
数年後を見越した交渉です。

 

自分や相手の一方的な都合ではなく
相互が得をし、感謝し合える関係をつくる。

 

これがネゴシエーションの醍醐味なんです。

恋愛にも仕事にも、すぐに使えます。

 

 

*占いレッスン50万円分が完全無料!

【紫微斗数10時間+四柱推命20時間+
タロット10時間+姓名判断5時間+手相5時間】すべて教えます!

 

 

 

 

 『日刊メルマガ』毎朝8時に配信しています。登録無料!

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 

 

中島多加仁【星読み師☆taka】

 

Lineトーク占い師募集
国内最大級の占いサービス・LINEトーク占いの占い師を募集しています

< とっておきの関係構築術  |  一覧へ戻る  |  成功者には8パターンいる >

このページのトップへ