セカンドサロンを表参道に!/コラム

HOME > コラム > ビジネス > セカンドサロンを表参道に!

セカンドサロンを表参道に!


昨日も書きましたが、
ぼくはかれこれ15年以上、

自分も責任を負うコンサルタントをやってきました。


女性が手に職をもつ仕事として、
ネイリストがとても人気です。

多種多様な働き方ができ、かつ
自分自身のファッションセンスを
磨くこともできるからです。

 

 


ネイリストは資格がなくても

知識や技術力さえあれば、
すぐに活動できます。


家事や育児の傍ら、
自宅の一室を使って

友人や近所の方を対象に
仕事をするのは夢ではありません。

ただ、プロとして
多くのシーンで活躍したいならば、
セカンドサロンを持つといいでしょう。

場所は、そうですね…

東京だったら

表参道が最適ではないでしょうか?

 

ぼくがつくったシェアサロンは
マリアハウスといいます。


「働く女性の応援をする」

という経営理念に基づいて
7月に立ち上げました。



基礎を身につけ、技術を磨けば、

子育てがひと段落したら
ぜひサロンを持ちましょう。


もちろんOLさんや契約社員なら
副業として活動もできます。


ネイリストになるには、
専門学校に通うだけでなく

通信講座で知識や技術を
学ぶことができます。

とても気軽に
手に職をつけられる時代です。

資格や技術、知識があるだけで
メリットはたくさんあります。

ぼくのクライアントには...

子育てから開放されつつある女性。

結婚したばかりで、
数年以内に出産を考えている女性。

いつかOLを辞めて
独立開業を視野に入れている女性。

そんな方々が、たくさんいらっしゃいます。


主婦層に人気があるネイリスト。


その理由に、

都合の良いときに働けて

家事や育児と両立できる

 

という点があります。


これは占い師も同じこと。

しかし占い師と違ってネイリストは
ファッション性が高く
おしゃれな職業でもあります。

あえて言ってしまうと占い師は、
やる気さえあればいつでもできます。

50歳になっても始められます。

しかしネイリストは、
20代からでも可能ですし、

逆に考えると
40代がピークだと言われています。

フルタイムでは勤務できないけど
毎週2日だけならやれる…

というひとに、
ぼくはネイリストをお勧めしています。

体力に自信があれば、

エステティシャンとか
マッサージ師もいいです。

しかしそれらは、
予想以上に体力勝負です。

それに比べてネイリストは、
眼の老化ぐらいでしょうかね。

サロンや美容院と併設の
ネイルサロンもずいぶん増えました。

普段は自宅の一室で開業し、
都心の顧客にはシェアサロンを使う。

そういう時代になってきたのです。

マリアハウスならば、

月額9000円から使えます。


主婦もネイリストも

無理なく両立できる金額設定です。


今は子育てに専念し、

いずれ成長したときに
ネイリストとして活躍したい。

そういった将来的な目標を持って、

早い時期に資格を取る女性も増えています。

 

 

 『日刊メルマガ』毎朝8時に配信しています。登録無料!

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 

 

中島多加仁【星読み師☆taka】

 

< 責任を負うコンサルタント  |  一覧へ戻る  |  ネイリストと占い師の兼業も >

このページのトップへ