女性の独立を実利面で応援します/コラム

HOME > コラム > ビジネス > 女性の独立を実利面で応援します

女性の独立を実利面で応援します

 

ぼくの本業は占い師ですので、
毎日のように女性の方が
ご相談にいらっしゃいます。

 

年齢に限らず、女性はずっと
「キレイで美しくありたい」
と願っていますよね。

ファッションやヘアスタイル、
美顔にスキンケア、そしてネイル…

頭のてっぺんから足の指先まで
全身手を抜くことなく、

美を意識しています。



おしゃれのみならず、
身だしなみの一貫として
ビジネスシーンに取り入れる女性も
年々多くなっています。

おしゃれなネイルが注目され、

「その職業につきたい」
「自分でも手軽にネイルをしたい」

と思うようになるのです。

そのため、若い人を中心に
職業として考える女性も増えました。

専門のスクールや通信講座など
学びの場も多くなっています。

趣味の範囲内で
知識や技術を習得するのであれば、
独学でも問題ありません。

しかしそれを、
ちゃんと仕事と考える場合…

ネイリストの専門学校などで
基礎から学ぶことも重要でしょう。

就職に有利になるよう資格を取得する、
という考えも一理あります。

ただ、当然ですが、
それにはお金が必要です。

学校に通うとすると、
入学金や月謝、教材費もかかります。

さらに、
資格取得にも別途費用が必要です。

ネイリストになるための手段は、

通学タイプのネイリスト専門学校
あるいは専門スクールに通うのも
かなりメジャーな方法です。

専門学校や専門スクールによって
費用は異なりますが、

一般的には
30万から40万でしょうか。

入学金に3万円ほど、
教材費8万くらいがネイル学校の相場です。

もちろん講師陣に
現役の人気ネイリストがいる学校や
プロで活躍するネイリストを
数多く誕生させた実績のある場合、

入学金や受講料だけで数百万円、
というスクールも存在します。

また、通信教育や通信講座も人気で、
幅広い年齢層に利用されているようです。

テキストやDVDなどの映像、
ネットによるウェブサイト…

それらを活用して
プロネイリストになる知識と
技術を習得する。

また資格取得も可能ですから、
本業のかたわら
ネイリストになることが可能です。

子育て中の主婦にも人気ですね。

通信教育ですと、教材や
インターネットでのサポートを含め
だいたい8万円前後のようです。

ただし、この価格には
資格取得の検定料は含まれていません。

ちなみに日本ネイリスト協会だと
3級で6,000円、2級が8,000円、
1級が10,000円です。

ネイリスト専門学校と通信教育とでは、
費用に大きな差があります。

どっちを選ぶかは
予算や生活環境などを考慮した上で
自分に一番あった方法を選びましょう。

無理をすると続かないですからね。

男性と違って、女性は
生活面での変化が大きいです。

結婚や出産、育児だけじゃなく
ご両親との関係なども、
いがいと複雑に絡んできます。

また、お金を借りるのも苦労します。

そういう女性たちを、
ぼくは毎年数百人ほど鑑定しています。

で、思ったことは…

なんとか職業としてできるよう
実利的なバックアップをしたい!

という気持ちです。

ようやく時期が来て、
シェアサロンを原宿・表参道に
立ち上げることができました。

地下にはコワーキングスペースもあります。

ブログを書いたり商談したりと
気軽にお使いいただけます。

健康にこだわったカフェも作りました。

美意識を追求する女性の方々に、
喜んでいただける空間づくりを
つねに心がけています。

ぜひ一度、足をお運びください。
いつでも無料で内見できます。

 

 

 『日刊メルマガ』毎朝8時に配信しています。登録無料!

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 

 

中島多加仁【星読み師☆taka】

 

< 見栄を張るのはデメリットが多い  |  一覧へ戻る  |  経営指南ができるシェアサロン >

このページのトップへ