「ブログが書けない」ひとへ 〜 USPと3C、そして4P.../コラム

HOME > コラム > ビジネス > 「ブログが書けない」ひとへ 〜 USPと3C、そして4P...

「ブログが書けない」ひとへ 〜 USPと3C、そして4P...

 

おはようございます。

 

昨日は、名古屋から
D-STARTのオーナーである浅倉社長が来てくださり、
スタッフ全員でミーティングをしました。

たくさんのアイデアが、
いっぱい登場しました。

頭をフル回転させ
ブレーンストーミングをする。

すごく楽しかったです!

 

 

さて。

「ブログが書けない」

「何を書いていいのか分からない」

個人事業の方々から、

こういった相談が多いんです。

なぜブログって、
簡単に書けないのでしょうか?

それには、ちゃんとした由があるんですね。

 


USPってご存知でしょうか?



「Unique Selling Proposition」


の略です。

直訳してしまうと
「独自の販売条件」
となります。

しかし、本来USPは、
「他社にない強み」
という意味ではありません。

日本語の「強み」って
意味が広いんですね。

誤解しやすいのです。

 

propositionとは、

 

『提案』や『条件』という意味で、

『価値』とも訳されますね。

 

かりに他社ができることでも、

強い約束をすることで優位を築く。


これがUSPの本質です。

 

マーケティングの基本は、

やはり3Cにあります。

 

自社(Company)

顧客(Customer)

競合(Competitor)

 

マーケティングを考える時、

この3つを基本に略を考えるわけです。

ビジネス用語って、っぱいあって
なかなか覚えられないですが…

まぁ、いわゆる
この3Cを考えて作るのが『USP』なんです。

 

とくに重要なのは、

『どの顧客を対象にするか』

その絞り込みです。

顧客の絞込みが、ジネスの基本なのです。

もっと突っ込んで言うと

USPの核心とは、

顧客の《切り落とし》なのです。


ある顧客を切り落とすことで、

残った顧客に対して烈なメッセージになる。

 

「当店は、このような客を対象にしません」

「対象にするのは、このようなお客さまだけです」

 

と、このように絞り込むことで、

対象となって人らが近感を持つわけです。

さらにマーケティングには、

4Pという基本要素があります。


製品(Products)

価格(Price)

流通(Place)

販促(Promotion)


この4つです。

 

どんな製品を企画するか?

どの価格帯を選ぶか?

どの流通で届けるか?

どうやって販売促進するか?

この4つのうち、

USPが役立つのは、販促活動です。

 

名刺、フライヤー、webサイト、ロモーション動画など…

それらのメッセージは、USPを軸に組み立てます。

これらを素早く作成するために、USPが必要となるのです。

ここでも、製品・価格・流通ルート無視しないこと。

バラバラに考えて、貫性がなければ

メッセージ性が弱まるからです。

 

ふぅ、ちょっと疲れましたね。

ビジネスって難しい?

そう思われてしまったもしれません。

 

でも、こういったことを日頃考えてブログを書くと、

レスポンスが返ってくる。

 

そういう訓練さえすれば、

ブログなんて簡単にけるようになります。

 

 

 『日刊メルマガ』毎朝8時に配信しています。登録無料!

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 

 

中島多加仁【星読み師☆taka】

 

 

< 占い師もセラピストも副業の時代  |  一覧へ戻る  |  ほしよみ堂という世界観@原宿に移転します。 >

このページのトップへ