相乗効果は、時に《神憑り的な鑑定》となる/コラム

HOME > コラム > 占い師の心得 > 相乗効果は、時に《神憑り的な鑑定》となる

相乗効果は、時に《神憑り的な鑑定》となる

 


気の合う仲間が集まると

まるで打てば響く鐘のように、

お互いに次々に言葉が出てきます。


 

これが「共鳴」です。


 

共鳴が引き寄せる『一期一会』、
 

つまり「縁」ですね。

 

 




占い師と相談者との間にも、縁が存在します。




 

相談者の納得できる鑑定には、

欠かせない要素があるんです。


 


それが、シンクロニシティ

つまり『共時性』です。



もっと簡単にいうと『偶然の一致』です。




最近では「引き寄せの法則」とも呼ばれています。



これが作用するか作用しないか….が、

優れた鑑定とイマイチな鑑定の
決定的な差を生んでいるんです。



そして、

そのキッカケとなるのが、相談者からの「質問」です。



相談者から質問を受けると、

占い師は、それに応えるため

頭の中の「引き出し」を探します。



もちろん、星や記号の象意も含みます。


 



そして、その回数が多いほど、

占い師の引き出しは
どんどん開いていくわけです。



そうした占い師からの言葉を聞くうちに、

「ピン」とくる瞬間がいくつかあるはずです。



ピンとくるから、さらに質問する。



占い師もその質問に刺激を受けて、
どんどん頭の中を検索する。


というように相乗効果を生む。



相乗効果は、時に《神憑り的な鑑定》となる場合があります。



そこに作用している力がシンクロニシティなんです。



自分がイメージする結果に導いたり
会いたいと思っていた人に会う。



相談者の積極的な質問が、

占い師と占術を通して適切な「言葉」を引き付ける
 


という仕組みです。



 

言葉の組み合わせは無数に存在します。



 

その無数あるものから、

もっとも欲しい一品を選び出すのは至難の業かもしれません。



ところが、その偶然が頻繁に起こるんです。



たとえば『紫微斗数』の命盤は、
タロットや易の結果とは違って、
基本的に変わることはありません。



ですから、

いつ鑑定しても、
質問内容が同じ場合は同じ回答がでるわけです。



後日振り返ってみると

「どうしてそんな答えを言ったのか自分でもわからない」

ということが、たくさんあるんです。



にもかかわらず、結果として当たっている。



かといって、理論や理屈では
とても説明のつかない答えを言う時があるのです。



「先生は以前こうおっしゃいましたよね。
 当りました!!ホント言われた通りなんです!」

などと、よくリピーターの相談者から言われたりします。



ぼくからすると、

「そんなこと言ったっけ?」という感じ。



こういうことが不思議なほどよくあるんです。