後継者を完全無償で育てます。/コラム

HOME > コラム > 占い師の心得 > 後継者を完全無償で育てます。

後継者を完全無償で育てます。


「お金はないけど、やる気だけはある!」

そういう人を、なんとかプロに育てたい…

これが、ぼくの本音です。

エステティシャン、マッサージ師、整体師、

ネイリスト、セラピスト、

そして占い師。



そういう職業を志す人らを

パートやアルバイトから脱出させ、

その道一本で食べていけるようにする…

これが、ぼくの使命なんです。




ぼくは23歳で占い師となり、

25歳の時に本を出版し、

弟子が20人ほどできました。



「若いうちから活躍する」

これ、かなり重要な要素です。

 


ですが、20代で稼ぐためには

多くの苦労と忍耐を経験します。



ぼくは、そういう経験が豊富で、

どうしたら短期間で成果を出せるか。

 

そのすべを知っています。



それを、確実に伝え、次世代に残したい!


でも、占い師になるには

すごくお金がかかるわけです。

まず書籍代。

これ、けっこう馬鹿になりません。

なので、ぼくは考えました。



ぼくが持っている本を無償で貸してあげよう、と。


さらに、それだけではありません。


「あらゆる占いを完全無料で教えてあげよう」


と。



本気で考えています。



しかし、ぼくのからだは、ひとつしかない。

だから考えました。

少数精鋭にしよう。

5名が限界かな、と。

男女問いません。

ただ申しわけないですが、年齢は35歳未満です。

本来30超えている人は、お金を払えるはずです。

ですから、そういうひとは、

2時間1万円のレッスンを受講してください。


じつは、かれこれ10年前から

20代の若者に、完全無償で占いを教えたい…

そう考えていました。



ただ、いまって精神年齢が若いじゃないですか。


だからオーバー30でも

けっこう若い人っていますよね。



だから、あえて35歳にしました。



といっても、

誰にでも…というわけにはいきません。

じつは、この計画には、ある秘密があるのです。

それは…

「ぼくが隠居したあとも、ほしよみ堂を残したい!」

そういう目論みなのです。



ですから、心身ともに健康で

本気で占い師になりたい人が対象です。


そういう意味で、年齢はあんまり関係ない。


まぁ、ぼくが死んだ後に

10年20年と続けて欲しいんです。

欲を言うと、100年続く占い館を作りたいんです。


なので、

かならずプロデビューさせる!

稼げる占い師に育てます!

 


本気で教えますから、

本気で習いにきてください。



条件としては…

中途半端な気持ちじゃない。

ほしよみ堂の発展に尽力する。

この2点です。



ぼくは今後も、ぼちぼちですが、

本を出していきたいと思います。

 

占いサイトや、アプリも作ります。


Web講座も配信します。

 


そういうノウハウがあるので、

それを次世代の若者に託したい。

 


苦労して、よく考えて、

たくさん努力して作ってきました。

 

若いうちからデビューすれば、

本の出版やアプリも出せます。


しかし、ぼくのように

まったくのゼロから生み出すのは

とにかく苦労します。


ですから、無駄な苦労をせず、

お金をドブに捨てないで、

最短コースでプロになってほしい!


夢とか野心がある未来の占い師志願者を、

ぼくが責任を持って育てます。

 


いつか本を出したい。

アプリも出したい。

お店も持ってみたい。

会社を作って社長になりたい。

 

そういうのって、

気概さえあれば叶います。

 

自薦他薦といません。

お待ちしています。

 

 

 

 『日刊メルマガ』毎朝8時に配信しています。登録無料!

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 

 

中島多加仁【星読み師☆taka】

 

 

< 誰でも3万円で原宿に店が持てる!  |  一覧へ戻る  |  占い師もセラピストも副業の時代 >

このページのトップへ