否定的な気持ちに打ち勝とう、 と強がることは逆効果です/コラム

HOME > コラム > 思想・哲学・心理学 > 否定的な気持ちに打ち勝とう、 と強がることは逆効果です

否定的な気持ちに打ち勝とう、 と強がることは逆効果です



YouTubeチャンネル登録数が
5000人を超えました。




本格的にテコ入れして
わずか2ヶ月での快挙です。



【プレミア公開用URL】
https://youtu.be/XZ606vKog-M



こちらのYouTube動画、
まだの方は、ぜひご視聴ください!



 




『良い気分になりたい』
 

『楽になりたい』



そう考えながら、
実際には苦しくなっている…

そういう経験ありませんか?



本来は望んでいることに
関心を向けたいはずなのに

実際は、なぜか

望まないことに気をとられてしまいます。



どうして、そうなってしまうのか?



それは理由があります。


 


ネガティブな感情を無視したり、
追い出そうとしたりするからです。



感情というものは、無視されると逆に、

自分の存在を頻繁にアピールしよう
と試みます。



追い出されそうになるとムキになって

さらに主張しようとします。



あなたの感情は生きているからです。


生命エネルギーとして存在しているのです。



どんなマイナスであっても
気づいて、認め、注目してあげる。


そうすると、マイナスな感情は、

納得して穏やかに
おさまってくれるのです。



つい人間って、

嫌なことを忘れよう、
悲しみを乗り越えよう、

としてしまいますよね。



でも、

否定的な気持ちに打ち勝とう、
ポジティブに変えよう


と強がることは逆効果なのです。



ネガティブな感情は
さらに深い部分で強くなり、

かえって苦しい状況に
追い込まれていくのです。



悲しみや辛い感情は、
乗り越えればいいわけではない。



むしろ【そのまま受け入れる】こと。



ネガティブな気持ちを認めて

「あぁ、自分にはこういう気持ちがあるんだ」

と受けとめるのです。


意地を張らずに
頑固にならずに

素直になることが、
もっとも大事なのです。



自分の内にある感情は
消えたりしません。



まれに
沈静化することはありますよ。


でも、それは
わずかな短い期間だけ。



褒められたとか、
賞賛されたりとか

好きなことをやって
気を紛らしているときだけ。



その短い時期を過ぎると、
また苦しいことや
悲しいことが沸き起こります。



なので、

どんな感情でも
そのまま認めなくてはならないのです。



強情になったり、
意地をはったりせずに
素直になることです。




自分の内側にある
感情を知るようにします。



悲しみ、情けなさ、後悔、無気力、
憎しみ、恐れ、不安、死にたい気持ち。



これらに評価を下さないで
ただありのままその存在を認めます。



わたしの中の『悲しい気持ち』へ。



あなたの存在を知っています。



あなたの声に
いつも耳を傾けています。



と、こんな感じで
自分の中に宿る感情に対し、
冷静に問いかけるんです。



そのためには、
マイナスな感情を隠さず
認めるしかありません。



ネガティブな感情は
誰でももっていますから
それ自体は問題ないんです。



そのネガティブな気持ちに
耳を傾けることです。



逃げないで、
まっすぐ受け止めるんです。



これを日々繰り返し行うことで、
自分の内側の感情と
付き合えるようになります。

 

 


 

 『日刊メルマガ』毎朝8時に配信しています。登録無料!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 



 

 

Lineトーク占い師募集
国内最大級の占いサービス・LINEトーク占いの占い師を募集しています

< 約2ヶ月でYouTube チャンネル登録数 5000人超え企画やります!  |  一覧へ戻る  |  占い師になりたがる人は心が優しくピュアなので挫折に弱い >

このページのトップへ