重陽の節句/コラム

重陽の節句

 

本日9月9日は、

五節句のひとつ「重陽の節句」。

菊を用いて不老長寿を願うため

別名「菊の節句」といいます。

 

古来より、

奇数は縁起の良い陽数、

偶数は縁起の悪い陰数と考え、

 

その奇数が連なる日を

祝ったのが五節句の始まり。

 

めでたい反面、

悪いことにも転じやすいと考え、

厄祓いもしていました。

 

中でも一番大きな陽数が重なる

9月9日を、

陽が重なると書いて

「重陽の節句」と定め、

不老長寿や繁栄を願っていました。

 

菊というと

晩秋の花という印象ですが、

 

旧暦の9月9日は

新暦10月中ごろにあたり、

まさに菊の美しい季節。

 

しかし新暦に替わって

季節感が合わなくなったので

次第に廃れてきました。

 

 

 

*占いレッスン50万円分が完全無料!

【紫微斗数10時間+四柱推命20時間+
タロット10時間+姓名判断5時間+手相5時間】すべて教えます!

 

 

 

 

 『日刊メルマガ』毎朝8時に配信しています。登録無料!

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 

 

中島多加仁【星読み師☆taka】

 

 

Lineトーク占い師募集
国内最大級の占いサービス・LINEトーク占いの占い師を募集しています

< 集合的無意識と出会いの仕組み  |  一覧へ戻る  |  なかよし集団の弊害 >

このページのトップへ