潜在意識を呼び覚ます/コラム

HOME > コラム > 思想・哲学・心理学 > 潜在意識を呼び覚ます

潜在意識を呼び覚ます

 

おはようございます。


昨日は新月だったせいか、ちょっと疲れていました。

しかも旧暦8月1日が、新暦9月1日でしたね。

 

とても珍しいですが、

じつは来月10月1日も、陰暦で9月1日なんです。

 

ということで今日は二日月(ふつかづき)。

そして、あすは三日月(みかづき)。

 

 

陰暦8月の二日の夜の月を指した

秋の季語にもなっています。

 

今日は鑑定が独りのみ。

明日は名古屋で鑑定三昧。

明後日も名古屋でレッスン三昧。

 


占い師とは、

悩みに対して答えを照らしだす職業です。

占い師が照らしだすのは、人の心です。


すごく深くて見えにくい部分。

それは「潜在意識」とも呼んでいます。


記憶の片隅、心の奥底、無意識…

など、いろんな呼び方をされる「潜在意識」。


普段、あまり自覚することのない心理に、

可能性が隠されています。


「コーチング」ってご存知ですか?

何年か前にブームになって
書籍もたくさん出版されましたね。

簡単にいうと、

相談者と対話をすることでポジティブなイメージを引き出し、

その人が本来持っている能力を目覚めさせてあげるテクニック。

 

では、どこから本来の力を引きだすのか。


その力が眠っている場所が

「潜在意識」というわけです。

つまり、

問題を解決する方法やヒントは、

自分の心にすでに用意されている

という考え方です。

 

ステレオタイプのアドバイスではない、

「自分の中」から出すほんとうの答えなので、

実際の効果も絶大です。

 

とはいっても、

人の心は複雑なもの。

 

心の中に眠る「答え」なんて、

そう簡単には発見できません。

 

そもそも、人が直面する問題って

それほど難しいものなのか?


あれほど悩んで苦しんだのに

過ぎ去ってみれば、

なぜそんなに悩んだのか…。

 

こう思うのは、

人が「難しく考える癖」を持っているためなんです。


冷静になって考えてみれば、

とても簡単なこと。

 

でも渦中にいるときは、

なぜかそれがわからない。

 

その原因とも言えるのが

「固定観念」や「先入観」そして「感情」です。

 

大小の差はありますが、

誰でも持っているものです。

 

それが「答えのありか」である

潜在意識にモヤをかけて

見えにくくしているんですね。

 

コーチングは、その濃い霧を、

対話によって取り払ったり、

その方法を教えたりします。

 

そうして、


目標を達成するための「答え」まで導く

というわけです。

 

相談者の潜在意識を、

直接カードで表現するタロットも、

コーチングと似ています。

 

普段は隠れて見えない自分の潜在意識を

カードから読みとる。

 

場合によっては、

その障害となっている

コンプレックスや先入観までもが浮き彫りになります。


そして、

自分の心理が周囲に及ぼす影響を知ることで、

打開策が見えてくる。

 

それにはコーチングと同じく、

相談者との対話が不可欠です。

 

その行程は《当てる》というよりも

 

一緒に《見つけ出す》感覚に近い。

 

 

占い師と相談者の共同作業といったところです。

 

願望を叶えるための答え。

 

それは、すでに

自分の心にある宝物のような存在。

 

それを占い師と一緒に探すのが、

占いの醍醐味です。

 

 

 

 

*占いレッスン50万円分が完全無料!

【紫微斗数10時間+四柱推命20時間+
タロット10時間+姓名判断5時間+手相5時間】すべて教えます!

 

 

 

 

 『日刊メルマガ』毎朝8時に配信しています。登録無料!

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 

 

中島多加仁【星読み師☆taka】

 

 

Lineトーク占い師募集
国内最大級の占いサービス・LINEトーク占いの占い師を募集しています

< 心の軌道予想図  |  一覧へ戻る  |  「占い師」と「占い」は反対の役割 >

このページのトップへ