不幸を転機に変える女性力/コラム

HOME > コラム > 思想・哲学・心理学 > 不幸を転機に変える女性力

不幸を転機に変える女性力

女性は、いちずです。

恋愛のまっただ中では、

「あなたしかいない。
あなたなしでは生きていけない」

と考えます。

付き合っているとき、
本命の男性に集中します。

しかし、そんないちずな女性も、
大切な人を失ったあと切り替えは
とても早い。

実際に別れると、
早々に別の男性を見つけます。

もちろん引きずりはします。

しかし、なんだかんだで、
次の人生を探そうとします。

苦しい過去を振り切り、
明るくなったり
幸せになったりすることも多いんです。

 


「幸せになろう」


とする純粋な思考は、


男より強いと感じます。



精神的につぶれる前に、
支えを見つけようとする。

自分と子供を養える、
経済力のある男性を探します。

死んでしまうくらいなら
弱いところを見せて、
誰かを頼りにして、
必死に生きていこうとします。

そういった
《生きようとする力》は、
男性には少ないんです。

外見は弱そうでも、
「生きていくしかない」
という気持ちの裏返しです。

しばらく泣き続け、
引きずったとしても、
かならず立ち直るのです。

男性は、それが
なかなかできません。

恥を感じるのなら、
あきらめたほうがまし…

と思ってしまうのが
男の弱さです。



「泣くことはかっこ悪い」


と思っている男には、


弱い奴が多いんですね。



泣けないから、
ストレスを吐き出せません。

無駄なプライドが邪魔して、
別れた女性のことを引きずる。

そういう男性を、
たくさん見てきました。

失ってしまったのは、
自分の能力が乏しいから。

それは、
うすうす気づいている。

けれど
自分の能力の欠如を
認めたくない。

だから
引き止めたり、
引きずったりするのです。

暴言や暴力で
阻止しようと考えます。

それを行動に移さないのは
理性の高い男性のみ。

これは男が
もっとも恥じるべき点です。

女性が持っている
「恥を捨ててでも生きよう」
とする力を
ぼくらは見習う必要があります。

精神的に強いのは、
倒れないことではありません。

なんど倒れても、
起き上がれる力なのです。

あきらめたら、
そこで終わっちゃうでしょ。

恥を感じながらも
頭を下げる。

涙を流してでも
生きようとする。

そういった姿勢に、
多くの人は共感するんです。

成功する社長さんたちは、
そういう女性的な強さを
みんな持っています。

肉体労働だけの男性や、
雇われ経験の長い男性には
そういう思考は少ないようです。



なぜなら経営者というのは


女性的な立ち位置だからです。



従業員を養う。
商品を売り込む。
会社・店舗を守る。

こういった活動は、

女性が家や子を守るのに
似ているんですね。

だから社長って、
みんなやさしい。

けれど、
かなりアバウト。

で、
いざとなったら強い。

こういった勇気や底力は、

会社を残すために
女性たちから学んだのです。

妻から、秘書から、愛人から、
ホステスや女性社員から
社長たちは日々学んでいるんです。

 

 

 『日刊メルマガ』毎朝8時に配信しています。登録無料!

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 

 

中島多加仁【星読み師☆taka】

 

< ほしよみ堂という世界観@原宿に移転します。  |  一覧へ戻る  |  書く回路と、変換する回路 >

このページのトップへ