方位術以外にも使い道が多い九星気学を身につけてください/コラム

HOME > コラム > お知らせ > 方位術以外にも使い道が多い九星気学を身につけてください

方位術以外にも使い道が多い九星気学を身につけてください



先日、YOUTUBE生配信しました。


 

 

その内容は、



『九星気学の存在理由と使い方』
 

~ 九星と気学、基本のキ ~


 


すべての占い師は
 

九星気学を知っておくべし!


 

 

無料で学べますので
かならず見てください。



 

チャンネル登録もお忘れなく。



 

さて、この講座は、
 

九星気学の基礎から応用実践、
 

秘伝までを徹底的に学べるオンラインセミナーです。



まったく知識のない状態から
プロの実践鑑定師になれる講座です。



開催は全3回で

 

5月17日、24日、31日と
 

すべて日曜日。


 

 

時間は14時から16時。

 

告知してわずか5日で

申し込みが30名を超えました!

 



17日が傾斜法と同会被同会法
 

24日が日盤鑑定法


31日が秘伝四盤掛け



となっています。



以下の総合販売サイトから
お申し込みができます。

https://hoshiyomido-school.stores.jp/items/5eb243d4bd217838dcde121f


日にちが合わななくても

なんども録画動画を見ることができます。





なお講座をご覧になる場合は
気学の資料が必要です。

 



ぼくの公式ページから
無料でゲットできます!


 

https://www.hoshiyomitaka.com/kyusei/




おもに関東方面で人気の高い占い、
それが九星気学です。



じつはこの占い、
日本生まれなのです。



歴史は意外に浅く
起源は大正時代の末。


今から90年ほど前。



その根本概念は、
何千年も昔の古代中国が源流です。



が、占いとして確立したのが
大正時代の日本なのです。



創始者は、園田真次郎。



易を使う明治生まれの
占術研究家です。



園田先生は、

江戸時代に流行していた
九星学や方鑑学をアレンジし、
独自の占いを完成させたわけです。



そういった意味で、
日本人用にデフォルメされた占い
ともいえます。



それゆえ、普及するのに
時間はかかりませんでした。



つまり、
日本人の《肌》に合う占いだった
というわけです。



最近でいうと、
細木さんの六星占術のような
立ち位置ですかね。



九星気学が普及した一番の要素は
なんといっても【方位】でしょう。



「良い方位と悪い方位」
というキャッチコピーが、
日本人の心を虜にしたわけです。



じつは、ぼくら日本人って
方位にはかなり敏感な
一面があるんです。



平安時代には、すでに
貴族間で方位が流行っていました。



陰陽師といわれる暦の専門職が
吉凶方位を判断し、

それにしたがった行動を
貴族たちがしていたわけです。



どうしても悪い方位に
行かなくてはならないときは、

いったん吉方位に移動してから
目的地に移動するという、
七面倒くさい風習があったのです。



また、

正月の『恵方』も新年の神様が来る
「ツイてる方位」として有名ですよね。



古来より日本には、
そうした方位に敏感な風習が
あったといえるでしょう。



ですから

方位術というキャッチコピーを掲げた
気学が普及するのに、

それほど時間は
かからなかったわけです。



さて、

こうして成り立ちを見てみると、
方位をみる占いとしての認識が
強い感じがします。



でも、この九星気学。


方位術以外にも
使い道はたくさんあるんです。

 

 


 

 

 『日刊メルマガ』毎朝8時に配信しています。登録無料!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 


動画で解説しています。
【紫微斗数とは何か】



詳しくはコチラです!
【紫微斗数web講座】 



++++++++++++++++++++++++

 

 

*占いレッスン50万円分が完全無料!

【紫微斗数10時間+四柱推命20時間+
タロット10時間+姓名判断5時間+手相5時間】すべて教えます!

 

 

 

[[[[[[[[ 占い師随時募集中! [[[[[[[[


ほしよみ堂では電話占い師を育てています。

「占いなんてやったことない」
というひとでも最短2ヶ月でデビューできます。

【電話占いのお仕事】

【占い師見習い募集】

 

 

Lineトーク占い師募集
国内最大級の占いサービス・LINEトーク占いの占い師を募集しています

< 約2000年前に編纂された『黄帝内経』はご存知ですか?  |  一覧へ戻る  |  【祝20周年】マリアハウスの誕生秘話をオンラインパーティで語ります >

このページのトップへ