ニートと社長は紙一重。/コラム

HOME > コラム > コラム > ニートと社長は紙一重。

ニートと社長は紙一重。


最近増え続けて社会問題になってますね、

ニート。


働かなくても食べていけるなんて、

良いご身分だと思いきや。


彼らには、彼らの深い懊悩があるんですよ。



ニートになる人たちは、

頭が良すぎるか、

才能がありすぎるんでしょうかね。


頭が良すぎて、両親が馬鹿に見える。

先生が低能に見える。

先輩や上司が尊敬できない。



じゃぁ、いっそのこと社長になっちゃうのがいいです。

自分で会社を興してね。



会社を興すには、とくに人脈やお金はいりません。

もちろん才能もいらないです。


アイデアと「その気」だけです。


その点、ニートって社長と似てますよね。


社長っていうのは、

つねに何かを考えています。


風呂でくつろいでるときも、

トイレでふんばってるときも、

寝てるときも、

いつも、何かを考えています。



だって、考えることが仕事なんだもん。



どうしたら収入が増えるのか。

どうしたらお客が増えるのか。

どうしたら商品が売れるのか。

どうしたら従業員が働くのか。

どうしたら良い人材が来るか。

どうしたら節税が出来るのか。


これらのことを、朝から晩まで考えるのが社長の仕事です。


社長は、無能なほうがいいです。

社長は、だらしないくらいがいいんです。

社長は、世間知らずなんです。

社長は、めんどくさがり屋です。

社長は、流行に疎いです。


でも社長は、つねに会社の利益と成長を考えています。



ぼくは、アイデアに行き詰まったら寝ます。

15時間くらい寝ます。


すると必ず、

ものすごいことを思いつき、

ハッと目が覚め、

パソコンに向かって「企画書」を書きます。


10時間くらい集中して書きます。


ぼくが、これまで約20年間で書いてきた「企画書」は、

おそらく2000枚を超えるでしょう。


そのほとんどが、だれの眼にも留まらず黙殺されています。


それでいいんです。

だって、そのほとんどがくだらない内容だから。


しかし、ぼくは思いついたことを、

よく考えもせず、スタッフに話します。


彼らは内心、

「また、はじまった……」

と呆れていることでしょう。



それでもいいんです。


ひとにどう思われるかではなく、

実際、どのくらいの利益が上がって、

その波がいつまで続くのか、

ということが大事なのです。



すぐに大きな波が来なくてもいい。

まずは小さく。

そう、うんと小さく。


そして、それが徐々に大きくなって、

ビッグウェーブが来そうになったら、

さっさと方向転換する。


波には乗らない。


だから細く、長く、うまくいく。


人生は楽しくなくちゃね。

働き過ぎはダメです。


お金は、なさすぎてはダメだけど、

ありすぎてもダメなんです。


儲け過ぎも危険です。


執着がすべてを台無しにします。


あれもやりたい、これもやりたい……

ならば、やりたいことを集中して考えればいいだけのこと。


専門書を読んだり。

ハウツー本を読んだり。

成功者の自伝を読んだり。


まぁ、そういう時間も必要ですけどね。若い頃は。


でもね、

読んだら考える。


映画もね、観たら考える。


読むだけじゃつまらない。

観るだけじゃもったいない。


考えるために本を読む。

考えるために映画を観る。





なんのためにそれをするのか。


これが大事です。




そんなに働くと、考える時間がなくなりますよ。


考える時間を作りましょう。


とくに今は暑いからね。


人の3倍考えれば、今年からでも社長になれますよ。

努力する時間があったら考えればいいんです。


そういう意味では、ニートって未来の社長候補だよね。

ぼくも昔(23年前)はニートだったから。



何も考えずに、黙々と働くのが嫌なんでしょ?



不景気だからこそ、

自分でやろうよ。


いまさら、いい職場なんて無いからさ。


世間に期待しない。


だって、信じられるのは自分だけだもん。

 

taka

 

コメント(2)

マオーン (2010年8月21日 18:25)

こんばんわ
読ませていただきました

振動 共鳴しました・・・・・

くるみ (2010年8月22日 08:21)

先生、こんにちは!

>なんのためにそれをするのか。

この記事も大好きでした。

大好きな文章というだけでは

進歩がないでしょうが

好きだわぁ~

いいわぁ~という感情も

大事だとおもいます。

< MARIA HOUSEのあたらしいMAP  |  一覧へ戻る  |  手相鑑定ができる占い師さんを募集しています。 >

このページのトップへ