ぼくの父は天才芸術家でしたが 三千人を救った霊術治療家でした/コラム

HOME > コラム > コラム > ぼくの父は天才芸術家でしたが 三千人を救った霊術治療家でした

ぼくの父は天才芸術家でしたが 三千人を救った霊術治療家でした

 



今日は亡き父の誕生日。

そう、10月22日なんです。



鬼籍に入ってすでに28年が経ちます。



昭和7年生まれなので

西暦1932年です。



1+9+3+2=15なので【6】

10+22=32なので【5】

6+5=11




つまり、

ライフパスは【11】なのです。



過去数は生まれた日【22】



ライフパスも過去数も、

ともにゾロ目のエンジェルナンバー



これが、ぼくの父です。




父は、四柱推命でみると

10代でこの世を去っていてもおかしくない命式。


 


じっさい有名な霊能者に

「15歳までしか生きられない」

と宣告された悲しい運命。



幼少期から病弱で、薬漬けの日々。



小学生のころ神社で遊んでいるとき、

雷に打たれて気を失った経験があるとか。



で、その翌年、大空襲に見舞われて、

家も会社もすべて焼け、

学友が全員、焼夷弾で焼死、

自分だけが助かった。



父は友人も財産もすべて

空襲で奪われたのです。



じつは家業は、

もともと尾張で三番目の繊維工場でしたが、

 

大東亜戦争の時代になって

零戦の工場に変えたのです。



だから空襲の標的になったんです。

 




大人になるまで生きられない、

結婚もできないし、

かりにできても子供は生まれない

 

そういう宿命のはずが、

ちゃんと結婚できて

ぼくと妹が生まれました。



 

父は15歳の時、

篆刻家の松林天上先生に弟子入りし、

見込まれて一番弟子となり、

 

日本書道展に年齢を偽って出展し

みごと金賞を受賞。



さらに長唄の杵屋一門に入り、

名古屋随一の三味線弾きに。



いわゆる芸術家として天才でしたが

実業家の曽祖父から

 

「芸術では金持ちになれない」

「お前は類稀なる霊能がある」
 

と言われて、宗教家になったのです。



 

父は病弱で短命のはずでしたが

旧制中学の先輩から命を救われました。



その先輩は、若干17歳で

特攻隊に志願するも肺を患って除隊。



 

そのとき、ある霊能者に

病気を治す霊術を授かって、

後輩だった父の病気を完治させたのです。




 

それを観た曽祖父は、

その17歳の青年を師と仰ぎ、

彼を担ぎ上げて神霊治療所をつくったのです。




 

その縁があって、

父はその青年の妹と結婚。



 

ただ、さすがに子供は生まれない…

という大方の見込みをよそに、

祖父による禁忌の霊術10年、

 

ちょうど10年後に長男を差受かりました。



それが、ぼくです。




 

でも、ぼくは生まれたとき

ヘソの緒が三重に巻きついて仮死状態でした。



 

ぼくを取り上げた助産師さんは

天皇陛下より紫綬褒章を受けた人物。



 

なぜなら

自然分娩にて取り上げた赤ちゃんの数日本一。



 

そういう助産師さん、

じつは霊能力が強い人物で、

ぼくが生まれる前夜に、

ある不思議な夢を見たそうです。



荘厳な雲の中から一筋の光が差し込み、

ひとりの赤ちゃんがゆっくり舞い降りる


という夢だったそうで。



その翌日に生まれたのが、ぼくだったのです。



ぼくは死んだ状態でしたが、

曽祖父の祈祷によって一命を取り留めました。



その一部始終を見ていた助産師さんは、

迷わず曽祖父に弟子入りしたそうです。



父は、師匠の霊視によって

過去生は【光源氏】だと言われたそうです。

 

 


じつは、あとから分かったのですが、

中島家の先祖は源融(みなもとのとおる)で

光源氏のモデルになった人物でした。



嵯峨天皇の息子で、

小倉百人一首にも登場します。


 


父の名は『道彦』でしたが、

3000人の命を救うということで


【三千彦】と改名しました。

 



その父は、ぼくに言いました。



「おまえは、わしより多くの人を救うだろう。

だから名前を【多加仁】にした」

と。



ぼくの名前は、カタカナでできています。


【タ・タ・カ・ロ・イ・二】


 


変でしょ!笑
 


これが芸術家のジョークだね。


 


おとうさん、

最高の名前をつけてくれてありがとう!



ぼくは楽しく生きています。



もう50歳なんだよ、

あと10年で

お父さんが死んだ年になるよ。



父が好きだった東京で、

ぼくは会社を起こして成功しました。



父も創業者でしたが、ぼくも創業者になったよ。



 


父のほんとの親父は東京人で

早稲田大学の大学院卒、

陸軍近衛兵だったね。


 

ぼくの守護霊には、

その人がついているよ。



だから、ぼくは

父の会社に頼らずに

東京に出て創業しました。



これからも、

ぼくの活躍を見守ってくださいね。





++++++++++++++++++++



四柱推命の研究会、
略して『推研(すいけん)』が
ひさしぶりに開催されます。



こちらは【会場参加】で
当日支払い5,000円になります。

https://hoshiyomido-school.stores.jp/items/5f785b12fbe5b5454e33659f


コロナ対策のため6名限定ですが
現在5名で、あと1名です。



そしてZOOM参加は20名限定。

https://hoshiyomido-school.stores.jp/items/5f7851d03ae0f42ef9df6ac6


すでに残席9名です。



四柱推命は
占いの【帝王】です。



この世に占いは300以上ありますが、
その頂点に立つのが四柱推命です。



算命学や六星占術、
個性心理学や動物占いも
源流は四柱推命なのです。



この機会に四柱推命を学びたい
というひとのために、

セミナー動画を
格安で提供しています。


https://hoshiyomido-school.stores.jp/items/5e89ee232a9a42362fee8402



++++++++++++++++++++

 


 『日刊メルマガ』毎朝8時に配信しています。登録無料!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 



 

 

Lineトーク占い師募集
国内最大級の占いサービス・LINEトーク占いの占い師を募集しています

< 人材を育成することによって 自分の人間力も上がっていく  |  一覧へ戻る  |  秋葉原ほしよみ堂は11月11日の11時に誕生した『破軍星』 >

このページのトップへ