原宿の占い師 中島多加仁 紫微斗数タロット・占星術


mail : info@hoshiyomitaka.com

紫微斗数占い星読みtakaオフィシャルサイト

ブログメニュー

最近のコメント

金運(財運)とは何か?

占術界でいう「金運」とか「財運」は、 具体的には「お金の入ってくる時期」 あるいは「物に恵まれる時期」を意味しています。 それを『発財』と呼びます。 現代人は、いわゆる経済的活動(仕事)によって 金...

全文を読む→ 

日時: 2011年04月29日 11:06 | トラックバック (0)

風水の効果は「筋肉の変化」にも現れる。

気の流れを調べる、 ダウジング(Dowsing)という方法があります。 それは「ペンデュラム」という「振り子」を使います。 別名『フーチ』と呼ばれ、 古くは「水脈や金脈」を探すときに使用されました。...

全文を読む→ 

日時: 2011年04月26日 14:35 | トラックバック (0)

神もまた苦みを背負っている

  神は人に、何を望んで生命を与えたのでしょう。 人は日々悩み苦しみ、悪い心も持ち、 神とは遠い生活をしています。 産まれながらにして病気で悩む人も、 戦争や災害で苦しむ人々も、 いったい...

全文を読む→ 

日時: 2011年04月25日 13:34 | トラックバック (0)

音楽と霊性

  音楽鑑賞は心の呼吸です。 「音を観る」と書いて観音となります。 ゆえに芸術や音楽に親しむことは、 物質的な成功を得る方法を暗示してくれます。 そればかりでなく、知覚できる現象世界と、 ...

全文を読む→ 

日時: 2011年04月24日 10:36 | トラックバック (0)

出世した男が配偶者に求める要素とは。

才能、地位、名誉に恵まれた男性は、 どのような女性を求めると思いますか? 顔は中ぐらいですが、 仕事熱心で上手に遊べる、明るく楽しい男性。 交友関係も充実していて、遊ぶ女友達もいます。 しかし、もう...

全文を読む→ 

日時: 2011年04月23日 12:30 | トラックバック (0)

納得できる成果を導く紫微斗数とタロット

  世界中のものはすべて、 その根底では、心も物質もエネルギーも つながった存在なのです。 だからこそ、なんらかの方法を使えば、 先に起きる出来事が予見できるというわけです。 いま起きてい...

全文を読む→ 

日時: 2011年04月22日 10:25 | トラックバック (0)

深層心理の活用

微分積分数学を完成させた ライプニッツという天才数学者がいました。 彼は「二進法思想」を考案したのですが、 じつはそれが 古代中国の「易」に表現されていたと知って驚嘆し、 そして中国の英知に讃辞を贈...

全文を読む→ 

日時: 2011年04月20日 10:09 | トラックバック (0)

変易と不易

  偶然を使った占いのなかで、 もっとも完成度の高い世界観が 「易」であるといえます。 易占は、ひじょうに数学的です。 「陰」と「陽」というたった2種類の記号の組合せだけで、 世の事象すべ...

全文を読む→ 

日時: 2011年04月19日 09:37 | トラックバック (0)

亀卜のヒビ割れから占星術へ

自然にあらわれる「前兆」 これが占いの素朴な形であり、占いの根源です。 しかし、前兆占いだけでは、 自然にあらわれる現象を待つしか、 未来を知る手段がありません。 しかも仮になんらかの前兆があっても...

全文を読む→ 

日時: 2011年04月17日 08:41 | トラックバック (0)

ユングのシンクロニシティと前兆占い

  偶然のなかに神秘がある--。 それを科学的に解釈しようとしたのが、 スイスの心理学者ユングでした。 あるときユングが、若い女性患者と話していたときのこと。 窓を背にして女性の前に座って...

全文を読む→ 

日時: 2011年04月16日 09:03 | トラックバック (0)

降神術のような占法

  占いの目的は、きわめて世俗的で功利的なものが多いのです。 実際に知したいこと…… 個人においては 「この1年を幸福に過ごせるか」 「病気にならないか」 など...

全文を読む→ 

日時: 2011年04月15日 08:26 | トラックバック (0)

占いには3つの目的がある。

占いの本来の目的は、 1)真実の探求 2)ものごとの選択 3)未来の予測 の3つです。 物事の真実を知りたいという欲求は、 人間にとって基本的なものです。 さらに、災害や病気や死亡の原因を知ろうとす...

全文を読む→ 

日時: 2011年04月14日 07:51 | トラックバック (0)

周囲に気を遣い過ぎてると?

日本人は、欧米人に比べて とくに気を遣いやすい人種です。 「どうみられているか」 「よく思われたい」 と気にする心のあり方は、 腎臓や膀胱に関わっているのです。 ですから、腎と膀胱がわるい人は、 人...

全文を読む→ 

日時: 2011年04月13日 07:53 | トラックバック (0)

知りたいときに星に聞く紫微斗数ホラリー

卜術(ぼくじゅつ)とはなにか 紫微ホラリーを活用しようとする場合に、 とくに留意しておかなければならないことがあります。 それは、ただひとつ、 迷いを生じた瞬間に集中して占うということです。 たとえ...

全文を読む→ 

日時: 2011年04月12日 08:32 | トラックバック (0)

光秀と信長に学ぶリーダーの資質

迷いがない人はいません。 しかし迷わない人間に占いは根本的には必要がないです。 明智光秀は「本能寺の変」の前に、神社に立ちよって運を占いました。 光秀は「大吉」が出るまで何度も何度もくじを引いたとい...

全文を読む→ 

日時: 2011年04月11日 14:09 | トラックバック (0)

日本人が占いを好む理由

  ほんとうに日本人は占いが好きです。 占いは、わたしたちの暮らしのリアルな問題なのです。 産まれた赤ちゃんの命名や学校選びからはじまって、 結婚相手を選ぶときも、住居探しにも、 占いをそ...

全文を読む→ 

日時: 2011年04月10日 09:27 | トラックバック (0)

占い師という職業

占い師も霊能者も、職業として成り立たせるには、 やはり「口コミ」が鍵です。 とくに宣伝しなくても、 紹介が紹介を呼び、自然に広まっていくものです。 現在、口コミには2種類あります。 ひとつはインター...

全文を読む→ 

日時: 2011年04月09日 10:40 | トラックバック (0)

占い師に向いている人、向いていない人

  どんな職業にも、向き不向きがあります。 当然占い師にだってあります。 よく聞かれるのが、 うつ病のひとは占い師に向いているか? 霊感があったほうがいいか? 不幸な体験は多いほうがいいの...

全文を読む→ 

日時: 2011年04月08日 08:17 | トラックバック (0)

案ずるより占うが易し

数日で、大災害から1ヶ月がたちますね。 毎日のように報道される、あの凄惨な状況を見て、 多くの人が不安に駆られていると思います。 直接被災された方はもちろんですが、 放射能に怯えながら生活している人...

全文を読む→ 

日時: 2011年04月07日 13:21 | トラックバック (0)

紫微斗数はカレーライスに例えることができます。

紫微斗数を教えるとき、 ぼくはよく、カレーライスに例えて説明しています。 命宮の位置……ジャンルとソースの種類 主星……格になる具材 副星&h...

全文を読む→ 

日時: 2011年04月04日 10:47 | トラックバック (0)

冬には冬の過ごし方、春には春の過ごし方があります。

  卯の花が咲く季節。 ゆえに4月を「卯の花月」といい、 略して「卯月」とする説が一般的です。 卯月の『う』は、 「初(うい)」とか「産(うぶ)」の『う』で、 循環の最初を意味したという説...

全文を読む→ 

日時: 2011年04月01日 14:33 | トラックバック (0)

トップページへ⇒