ネタはいくらでも出てきます/コラム

HOME > コラム > ビジネス > ネタはいくらでも出てきます

ネタはいくらでも出てきます


「ブログでどんなこと書けばよい分からない」

「すぐネタ切れになる」


こういう質問が相次ぎます。



もし、

「書きたいことがみつからない」

というのでしたら、それは

ブログを書く以前の問題だと考えてください。



あなたが今やっていることを、

全面的に見直す必要があります。



占いにかぎらず、商売はもちろん、

音楽や芸術活動であっても、

【お客様のニーズを理解する】


これは第一の鉄則です。




「書くことがない」

「書くことが分からない」


というのは、

お客様を無視した結果なんですね。



ネタはいくらでも出てきます。



なぜならば、

お金をいただいているお客様にたいして

感謝の気持ちが『ネタ』として生まれるからです。



つまり「ブログのネタが無い」というのは、

ものすごく大問題なのです。



【お客様に対して感謝が少ない】

【仕事に対して愛が足らない】

ということが考えられます。



とはいえども、

ネタ出しの方法はあります。



自分の取り扱っている商品の

メリットを理解するのです。



誰が購入してくれるのか?

どんな場面で利用されるのか?

これを考えれば、書くネタなど

いくらでも出てくるはずです。



来店されたお客さんと話した内容を

思い出してください。



あんな悩みを持ったお客さんが、

この商品を購入して喜んでくれた。



これだけでも、かなりネタです。



例えば、あなたが占い師だったとします。



占いに対して疑問を持ったお客が

来店されたとしましょう。



「なぜ占いって当たるんですか?根拠はあるんですか?」


素朴な質問ですよね。



占い師をやっていれば、

こうした質問をよく受けます。



この質問は、お客さまのニーズそのものです。



ですから、これを題材にブログを書くのです。



「先日このようなお客様が来店されました。

  私の占いは、まさに

  このようなニーズにぴったりの鑑定ができます。

  それはこちらです…」


という流れで書けば、

プロットの完成ですよね。



しかも悩むことがなく、

スムーズに書けるはずです。



気をつけるべき点は…

【プライバシーを侵害しないこと】

【不快になる内容を書かないこと】

この2点のみです。



サービスの特性を深く理解し、

どんな人がいつ、それを求めるか?



これがわかれば、

そこから利用シーンを考えて

ネタを書くことができるわけです。


実際に来店があったわけでなくとも

質問を受けることはあるはずです。



ニーズを満たすサービスがあるわけですからね。



ポイントは…

取り扱っているサービスの特性を深く理解する。

必要としている人の状態を深く理解する。


この2点を考えれば、

持っている商品の数だけ

ブログは書けて当たり前なのです。



もし、書くことがないのであれば、

商品を見直してください。



また、その

きっかけにもなりますね。



ブログは一挙両得です。



このように

お客様のニーズを把握することで

問題を解決したり、提案型したりできます。



そういうブログを書いていけば、

まさにそのニーズを持った人が

お客様として訪問されます。


計画を成功させるために、

ブログは重要なアイテムです。


ブログのネタを書くことに困ったら

今日のメルマガを再度読んでください。


ぼくのブログやメルマガは、

いますぐ役に立たなくても、

 かならず必要になる時が来ます。


ですから、過去の記事も

たまに読み返してみてくださいね!

 

 

*占いレッスン50万円分が完全無料!

【紫微斗数10時間+四柱推命20時間+
タロット10時間+姓名判断5時間+手相5時間】すべて教えます!

 

 

 

 

 『日刊メルマガ』毎朝8時に配信しています。登録無料!

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 

 

中島多加仁【星読み師☆taka】

 

 

Lineトーク占い師募集
国内最大級の占いサービス・LINEトーク占いの占い師を募集しています

< 悩むのはお客さまの仕事、占い師は悩んではいけません  |  一覧へ戻る  |  頑固の原因は、じつは臆病だから >

このページのトップへ