昔の人はスローライフだったの?/コラム

HOME > コラム > ビジネス > 昔の人はスローライフだったの?

昔の人はスローライフだったの?

 

 

「時は金なり」

という言葉を知っていますか?




《時間というのは、お金と同じくらい重要》

という意味ですね。




【スピードがビジネスの勝敗を決める】


それが現代の構造です。




何もかも「早く早く」とせき立てられる毎日に、

ストレスを感じる人も多いでしょう。



「昔の人は、スローライフだったろうに」

なんて、古き良き時代に想いを馳せる人もいます。



では、本当に昔のひとは、

のんびりしていたのでしょうか。




メールや携帯。

TwitterやFacebookといったSNS。

LINEやスカイプなどネットの無料電話。



これらの発達で、

情報をやり取りするスピードが

日に日に速くなっています。



だからこそ、時間が短縮され、

できることも多くなりました。



かつては

手紙、電報、固定電話でした。



あるいは、実際に足を運んで、

相手が来るまで待つしかなかった。



待ちぼうけをしたら、

「遅いから先に行くね!」って

掲示板に書いていましたよね。


懐かしいです!笑



今よりも、格段に

手間も時間も掛かった。


それだけに、慌ただしく

今より忙しかったんですよ。



つまり、どの時代においても、

「時間」の価値観は重要なのです。



ちなみに「時は金なり」ということわざは、


200年以上まえの、

ベンジャミン・フランクリンというアメリカ人の言葉です。



【時間には高い価値がある】



その考えは、はるか昔から

世界中で説かれていたんです。



古代ギリシアには…


『人間が消費するものの中で、

いちばん価値があるのは時間だ』

と言い切った哲学者がいました。



東洋にだって、

「光陰矢の如し」

という言葉があります。



千年以上も昔の中国人が

言ったことばですよ。



「月日が過ぎるのはあっという間。

だから、無駄にしてはいけない」



そういう意味です。




大昔から西洋も東洋も、

「時間は尊い」と考えていました。



なぜなら時間には、

人間のもっと本質的な部分が

からんでいるからです。



たとえば、

企画書をつくる。

データをまとめる。

報告書を書く。



仕事でも、趣味でもかまいません。



そうした、ひとつの作業を、

何分でやるかを常に考える。



すると、

時間に対する感覚が

するどくなっていくのです。



ぼくは、このメルマガ記事を

20分で書くようにしています。



しかし仕事のスピードには、

個人差がありますよね。



でも、

時間を意識するかしないかで、

結果に大きな差が出てきます。



「早く仕上げれば、良いというものじゃないだろう」

という声もある。



たしかに業種によっては、

そういうこともあるかもしれない。



けれど、いずれにしても、

時間を区切る意識は必要。



ダラダラせず、

決めた時間までに仕上げるよう

集中することです。



すると、そこにメリハリが生まれます。



メリハリができることで緩急の差が生じて、

結果的に時間の余裕が生まれる。



だから、遊ぶにしても、

心おきなく遊べるのです。


遊んでいるときに、

仕事のことを考えて、

不安にならずに済むわけです。



なぜなら、自分で

時間をコントロールできるから。



その事実を体感して知っているからです。



だれにでも平等に与えられてる『時間』。


だからこそ、差がでやすい部分なのです。



つねに、時間を意識すること。



時間に追われないで

時間を追いかけるんです。



「追われている」という脅迫観念から解放されて、

自由な感覚を手に入れましょう。



これが成功者への道であり、

しあわせの法則です。

 

 

*占いレッスン50万円分が完全無料!

【紫微斗数10時間+四柱推命20時間+
タロット10時間+姓名判断5時間+手相5時間】すべて教えます!

 

 

 

 

 『日刊メルマガ』毎朝8時に配信しています。登録無料!

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 

 

中島多加仁【星読み師☆taka】

 

 

Lineトーク占い師募集
国内最大級の占いサービス・LINEトーク占いの占い師を募集しています

< 占い師は《変化》を提案している  |  一覧へ戻る  |  七夕と天津金木と古事記の伝説 >

このページのトップへ