改善することで向上できる余白/コラム

HOME > コラム > ビジネス > 改善することで向上できる余白

改善することで向上できる余白

 

おはようございます。


ビジネスから恋愛まで….
人間関係のコンサルが得意な占い師
星読み師☆takaこと中島多加仁です。

 

 

まず告知を!

 

☆マリアハウス 1周年記念パーティ!☆

7/20(水) 19:00~


7/20で、マリアハウスは1周年を迎えます。

1周年を記念して、パーティを開催致します。

参加費:女性2,000円 男性3,000円

会員様は無料です。

お申し込みはこちらから

 


 

 

改善することで向上できる余白

 

組織や店舗の経営において、
知名度の向上は必須です。

まずは、存在を知ってもらうこと。

これが経営の基盤となります。


しかし、

多くのお店がそうであるように、
ただ広めるばかりでは業績が頭打ちとなります。

ある程度、広めることができたら、
次は《深める》ことが必要となってくるわけです。



《深める》とは、

商品やサービスの魅力を
充分に体感し満足してもらうこと。

たとえば占い館の場合、
占い師ひとりひとりの鑑定の質が、商品なのです。

 

ぼくが運営する『ほしよみ堂』の鑑定師たちも、

占術の技術はともかく、
人間的には未熟な面もあります。

 

しかし、ぼくはそれを《伸びしろ》だと思っています。


つまり、

改善することで向上できる余白だと考えているのです。

 

そういった意味で、

つねに占い師個々の鑑定力のアップを計っているわけです。


鑑定という《サービス》の質を上げることで、
より多くのお客様に満足していただくために。

 

占い師は《他人の悩み》にさらされる仕事でもあります。


おかしな話ですが、
悩みにこたえる職業でありながら、
メンタル面に問題が出やすい職業でもあるわけです。

 

感性を駆使する分、
いわゆる《受けやすい体質》になってしまうわけです。

 

ですから、カウンセラーや指導者の存在が不可欠となります。

ぼくは、そんな占い師たちの悩みを
日々聞いてアドバイスをしているわけです。

 

《占い師のためのコンサルタント》といったところでしょうか。

 

カウンセラーとして、指導者として
『ほしよみ堂』をバックアップし、人材を育成する。

 

これが経営者としてのぼくの仕事です。


そして《育成》の部分をより強化し
さらなるサービスの向上を計ろう....というわけです。

 

 

*占いレッスン50万円分が完全無料!

【紫微斗数10時間+四柱推命20時間+
タロット10時間+姓名判断5時間+手相5時間】すべて教えます!

 

 

 

 

 『日刊メルマガ』毎朝8時に配信しています。登録無料!

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 

 

中島多加仁【星読み師☆taka】

 

 

< 命宮の年は「素直になれる年」  |  一覧へ戻る  |  7/20(水)19時〜1周年記念パーティ【Facebook特典】 >

このページのトップへ