フリーランスは自由なのか?/コラム

HOME > コラム > ビジネス > フリーランスは自由なのか?

フリーランスは自由なのか?


やりたいことがあったり、
いろいろと不満があって、

「将来、独立を考えている」

というひとは、
つねに一定数います。


ぼくのところには、

「会社を辞めて独立したい」

という相談が多いんです。

ほぼ毎日のように。

 


一部では、
フリーランスの良い面ばかりを
奨励する人がいます。

ただひとつ、
言っておきたいこと。

それは、

恵まれた会社員という環境から

フリーになることのリスク、

本当に理解してますか?

ということです。

サラリーマン=不自由

フリーランス=自由


このように、
短絡的に考えていませんか?

ただし、
下積みしないと独立はムリ
という意味ではありません。

どのようなリスクがあるのか。
それを知っておけばいいのです。

わかっているとは思いますが、
会社を辞めると安定収入はなくなります。

個人として仕事が軌道に乗るまで
時間がかかります。

その間、
安定しない収入と、
蓄えておいた貯金が徐々に減るのは
精神的にキツイものです。

かといって
収入面に気を取られると、
やりたかったことができず
日銭を稼ぐ状態に陥ってしまう。

「何のために会社を辞めたんだ」

と、自分を責めることになってしまいます。

また、家族からの厳しい批判に
晒されることもあります。

変化の激しい時代とはいえ、
日本の大手企業であれば
簡単にリストラにはあいません。

会社に所属していれば、
自分の技術に不安があったとしても、
なんとか生きていける…
という安心感があります。

フリーランスになると、

生活なんて誰も面倒みてくれない。


自分のスキルが

市場価値と釣り合なければ、

食いっぱぐれてしまいます。

フリーというのは、
自分で稼ぎ出すわけです。

会社に所属している場合、
年金は「厚生年金」となり、
健康保険は会社が所属する組合で
加入できるかもしれません。

手続きもやってくれるし、
半額を支払ってくれたりします。

会社辞めるまで知らなかった、
と言う人も多いんです。

フリーランスになると
手続きを全部自分でするのは当然。

支払う金額も増えます。

確定申告などの会計、
交渉事なども自分でやるんです。

技術的な分野の専門家でも、
独立したら交渉や営業、
確定申告など会計処理も
自分でやることになります。

休んでも誰も稼いでくれないし、
手当もありません。

会社に勤めていれば、
有給休暇があったり、
病気や妊娠などで休職しても
何割かの給料がもらえたりします。

フリーランスは、もちろん
そんなものは皆無です。

明日倒れたら、
あるいは子供ができたら、
急に収入がゼロになるのです。

誰も助けてくれません。

誰も教えてくれないのです。


これがフリーランスの実態です。

にもかかわらず、
会社を辞めてフリーになる人は
どんどん増えています。

そこで、ぼくのような人間がいるんです。


独立自営をするための
さまざまなノウハウを持っていて、
それを最小限の出費で知ることができます。

世の中は甘くないけど、
それほど辛くもありませんよ!

 

 『日刊メルマガ』毎朝8時に配信しています。登録無料!

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 

 

中島多加仁【星読み師☆taka】

 

< ぼくの本業は『仕事と恋愛のコンサルタント』かな?  |  一覧へ戻る  |  イタリア語で『占い師』を意味するカフェです。 >

このページのトップへ