2600年以上昔から暦はあった?/コラム

HOME > コラム > 神話 > 2600年以上昔から暦はあった?

2600年以上昔から暦はあった?

こんにちは。星読み師☆takaです。

今日は『建国記念の日』です。


文字通り、

日本という国ができたことを記念する日です。

 


 

では、日本はいつ頃できたのか?

というと…

これが、とんでもなく昔の話で、

今から、2600年以上も前のこと。

 

 

初代天皇とされる、

「神武天皇(じんむてんのう)」が即位された日、

それが2月11日だった。

という一説に、基づいているわけです。


日本が起こった日ということで、

昔は「紀元節」とも呼ばれていました。

で、その根拠となっているのが、

「日本書紀」という古文書ですが、



辛酉(かのと・とり)の年の正月、

庚辰(かのえ・たつ)の朔日に、

神武天皇が即位した…

 

と記述されているのです。

 

日本書紀がまとめられたのは、

いまから1300年ほど前です。

その時から、すでに、

「十干」「十二支」を使った

暦による管理がされていたわけですね。

 

 

 

 

 『日刊メルマガ』毎朝8時に配信しています。登録無料!

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 

 

中島多加仁【星読み師☆taka】

 

   

 

< 女性の魅力、それはズバリ「笑顔」です。  |  一覧へ戻る  |  美貌の星が入っているからといって >

このページのトップへ