話した時の「感じの良さ」が合格のポイントになります/コラム

HOME > コラム > 占い師の心得 > 話した時の「感じの良さ」が合格のポイントになります

話した時の「感じの良さ」が合格のポイントになります


占い師さん候補の面接をしました。

まだまだ募集しています。



お客様が増えていますから、

もっと占い師を補充する必要があります。




今まで、数百名の人たちから、

「占い師を目指している」という相談を受けました。



その中には、

ぼくの鑑定を受けてから

占い師を目指すようになった人もたくさんいます。



占い師になるには、

美容師や鍼灸師のような資格はいりません。



「私は占い師です」

と名乗ってしまえば、

その日からあなたも占い師です。



ですから「プロになる」のは、難しくありません。



しかし、

「プロであり続ける」ことは

とても至難の業なのです。



まずは占いを基礎から勉強することです。



学校やセミナーに通うよりも

まずは独学でやってみて


いずれ師匠に付いて基礎から学ぶことです。



格安のWeb講座とかYoutubeなどの動画で学ぶこともできます。



今の時代、

街中の易者のように、

小さい机を広げる時代ではありません。



自分のHPを作って、

そこでお客さんを募集するも良し。



占いの館に所属し、

対面鑑定に来るお客様を待ったり、

電話占いの会社に応募するという手もあります。



占い館や電話占いサイトには、

オーディションがあります。



その選考基準は、一般人は誰も知らないです。



対面鑑定や電話占いなどは、

人事担当のオーディションを受け

合格すればデビューできます。



占いの実力はもちろんですが

話した時の「感じの良さ」がポイントになります。



感じが良い人ならば、

実際にお客様と対話をするうちに

占い技術もどんどん成長していくからです。




しかし反対に、

占いができるだけでは不合格になります。



話しかたがに冷たさを感じたり

頼りなさを感じさせるようだと

まず落とされます。


相手の話を聞く姿勢が乏しい人や、

自分の話ばかりをしたがる人は受からないでしょう。



かりに、そういう人を採用したとしても、

あまり人気は出ませんね。



もちろん、長続きしないです。



占いの結果を淡々と語るだけでは

人気の占い師にはなれません。



お客さんに自信を持ってもらうように、

優しいなかにも熱い語りが必要なのです。



もちろん、占いの勉強も必要です。



ただし最も必要なのは、思いやりと謙虚さ。



これに尽きますね。



なぜなら占い師とは、

研究者でもなければ評論家でもないからです。



悩んでいる人の話を聞いて、

親身になって考えて、

解決の方向を見いだしてあげる。



お客さんは、

やや不安定な状態で、

藁をも掴む気持ちで来店されます。



ですから

お客さんにとって、

頼りになる存在でなければならないのです。

 

 

たとえ占いの技術が未熟でも、

お客さんのために必死で勉強していれば

 

結果として、多くの人から信頼されるのです。

 

 

 

*占いレッスン50万円分が完全無料!

【紫微斗数10時間+四柱推命20時間+
タロット10時間+姓名判断5時間+手相5時間】すべて教えます!

 

 

 

 

 『日刊メルマガ』毎朝8時に配信しています。登録無料!

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 

 

中島多加仁【星読み師☆taka】

 

 

Lineトーク占い師募集
国内最大級の占いサービス・LINEトーク占いの占い師を募集しています

< 定年のない人生を歩むために、やりがいを重視しましょう  |  一覧へ戻る  |  人に認められたければ まずデキル人を認めて褒める >

このページのトップへ