人の印象は声で決まる/コラム

HOME > コラム > 占い師の心得 > 人の印象は声で決まる

人の印象は声で決まる



ぼくは「しゃべる」仕事をしています。

占い師だけじゃなく、
接客業のひとは、
しゃべることが義務づけられます。



電話に出たとき、
耳に飛び込んできた声を聞いて
「いい感じの人だな」と感じる。

レストランに入ったとき、
店員の接客がしらじらく感じる。

明るく振る舞うっているのに、
なんとなく不機嫌が伝わってくる。

こんなとき、何を根拠に
そう感じているのでしょうか。

答えは、「声」です。

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
人の印象は声で決まる
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+


「人に与える印象の4割は、声で決まる」

これは、米国の心理学者
アルバート・メラビアンの言葉です。

話の内容は、

わずか7パーセントしか影響しない、

と言われます。


人の印象は話し方、
特に「声」で決まってしまいます。

理屈であれこれ考えて喋るより、
声を改善したほうが好印象になるわけです。

たとえば、見た目は「慣れ」ます。
しかし話し方や声は、慣れてくれません。

良い声はずっと好まれ、
嫌な声はずっと嫌がられるのです。

では、人間関係に大きな影響を与る
「悪い声」の典型例をあげてみましょう。

まず、声に『険』がある。

普通にしゃべっているのに、
なぜか鋭く聞こえてしまう。

こういった人は、
異性運に恵まれにくいし、
また接客にも向きません。

そして、女性に嫌われるのが、
下品な声の持ち主。

大口を開けて品のない声で笑う人は
場の雰囲気を破壊します。

本人は自覚がないケースが多く、
たいてい大声です。

こういった人は、
「空気が読めないよね」
と、陰口を叩かれているはずです。

次に、弱々しくて力がない。
いわゆる「細い」声ですね。

プライベートであれば
好意的に受け取ってくれますが、
社会人として大きなハードルとなります。

音が共鳴しないので、
声を張らないと届かない。

「えっ?」と聞き返されることが多い人は、
この症状を自覚してみましょう。

共鳴の使い方が下手ですと、
声に厚みがなくなってしまいます。

かといって努力すると、
キツイ印象になってしまいます。

あと、
言葉で説明するのは難しいですが、
語尾や文末を伸ばす癖がある人。

母音を練って伸ばす声ですね。

そういった甘え声が過ぎる人は、
前線に出して接客させられません。

そしてもっとも最悪なのが、
話しはじめは声がでかくて、
肝心な末尾になるとしぼんでしまう。

つまり『竜頭蛇尾』という癖です。

では、逆に「良い声」とは、
どんな声なのでしょう。

鋭く響くような強さではなく、
生命力の強さを感じさせるような
豊かな声のことです。

ようは、通る声といいますか、
響きのある声ですね。 

 

 

 『日刊メルマガ』毎朝8時に配信しています。登録無料!

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 

 

中島多加仁【星読み師☆taka】

 

< 名古屋ほしよみ堂の移転と、セミナーの最終告知!  |  一覧へ戻る  |  女性限定セミナー『占い師が教える起業の成功法則』日本における副業の実態 >

このページのトップへ