どうして人は進路に迷うのか/コラム

HOME > コラム > 思想・哲学・心理学 > どうして人は進路に迷うのか

どうして人は進路に迷うのか


「これからの仕事で迷っている」

という悩み相談が多く寄せられます。

 

どうして人は、進路に迷うのでしょうか。



学校に行こうか

それとも就職しようか



「なぜ迷うか」と言われたら、

それは確信がないからです。



だったら、答えはシンプル。



確信さえあれば、

不安を感じずに夢を追っていける
わけです。



ということで、確信を持てばいいのです。
 


確信さえあれば、不安なく決断できますから

どんな道であれ

稼ぐことを考えてください。



決断すれば、夢は叶います。



ミュージシャンになりたい!

デザイナーになりたい!

アイドルになりたい!

漫画家になりたい!

声優になりたい!

実業家になりまい!



どんな道でも共通していて、

何を目指したいかを、口に出して誰かに伝えるのです。



絶対になれるわけじゃないけど、

なれないわけじゃない。



確信さえあれば、なれる可能性があるのです。



ところで、

こういう言葉を聞いたことがありますか?



「趣味で食っていくのは大変」

「趣味を仕事にしてはいけない」

「何かを極めるのに10年かかる」




こういった言葉は

昔から良くいわれますよね。



ぼくには、どうしても

「古くさい考え方だなぁ」としか思えません。



『好きなことを仕事にする』

それは可能です。



というか…


やりたいこと、好きなことを仕事にする


そのほうが簡単なのです。



夢は実現します。



そもそも、

夢が叶わないなんてことは

論理的にありえないことです。



真理とは、逆説にあるんです。



例えば、

プロになりたいのであれば

プロになるための努力ではなく、
 

「プロとして何がしたいのか」

を目標にするのです。



じつは、これ、

多くの人が勘違いしています。



プロになるのは簡単です。



名乗った瞬間から、あなたはプロです。



はい、夢が叶いました。



ですから、プロになるなら

「プロになってどうしたいのか」

これを考えてください。



あなたは、すでにプロなんです。



プロなわけですから、

しっかりと仕事をこなす。



想像してください。



あなたが愚直に欲望を満たせば、

ファンができます。


 

友達は、あなたを

まるで自分のことのように

自慢しはじめるでしょう。



仕事の誘いが来て、

憧れの仕事をすることができます。



迷いなく行動し、

やり方さえ分かればいいのです。


それは夢なんかじゃありません。


現実なんです。



まずは、妄想をやめましょう。


空虚な言い訳を慎むのです。

 

 

いま考えているリスクは妄想かもしれません。


勝手に頭の中に作り出した幻想だと思います。

 

 


あなたが考えるべきは、

 

自分がやりたいことをやって、

欲しいものを取りに行くこと。

 


もし「占い師になりたい?」のでしたら、なればいいじゃないですか。



なぜなろうとしないんですか?


その方法があるんですよ。



貪欲に質問してください。

躊躇せず、臆することなく。



大切なのは、怖がらないことです。
 

 

 

 

 

 

 

 

*占いレッスン50万円分が完全無料!

【紫微斗数10時間+四柱推命20時間+
タロット10時間+姓名判断5時間+手相5時間】すべて教えます!

 

 

 

 

 『日刊メルマガ』毎朝8時に配信しています。登録無料!

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

中島多加仁【星読み師☆taka】

 

Lineトーク占い師募集
国内最大級の占いサービス・LINEトーク占いの占い師を募集しています

< 自分に嫌気がさしたときには  |  一覧へ戻る  |  プロというのは、その道での稼ぎが生活の柱となっている人を指す >

このページのトップへ