占いに興味を持つ人の心理/コラム

HOME > コラム > 思想・哲学・心理学 > 占いに興味を持つ人の心理

占いに興味を持つ人の心理



多くの女性は、

女性に生まれたことを運命的だと感じています。


運命を知るために、占いが存在しているのです。



例え望んでいない結果が出ても

「あぁ、やっぱりそうか」

と考えることで
 

執着を手放すことができ、元気にしてくれます。



占いに興味を持つ人は

「同意を得たい」

という気持ちが強く働いているのです。





自分で決められない状況が続いたり

とらわれた感情を作っているとき
 

占いの結果を受け入れることで、自分と向き合う。


すると停滞している状況に流れが生まれたりします。



ぼくは以前、

「なぜみんな占いにお金払うんだろう?」

と思っていました。



しかし、お金を払って占ってもらうと、

自分に自信が持てるような気がしたのです。



占いだけに頼るのはよくないけど、

占いをほどよく利用するのは

とても意味があります。


 

占いには多くの種類があります。



神社のおみくじから血液型占い、

四柱推命や紫微斗数(しびとすう)

占星術や数秘術、タロット、易、風水、手相、水晶、

霊感を使ったスピリチュアルなど。



とくに女性は占いが大好きですよね。



テレビ番組で人気の占い師が

よく取り上げられています。


 

雑誌の占いは圧倒的に女性向けが多いです。



男性専用の占いページを作っても、

マネタイズ(収益化)しません。



では、なぜ女性は占いが大好きなのでしょう?



多くの女性は若い頃、

「白馬の王子が迎えに来る」

という幻想を抱く傾向にあります。



この思考は、男性には存在しない感覚です。



シンデレラや白雪姫のように

「とつぜん現れた王子様が、わたしの人生を大きく変える」

といった運命論が、男性に比べて強いのです。



これは、小さい頃から

女の子として教育を受けたからです。



また、小さい頃は強かった女の子でも、

思春期を超える頃から徐々に腕力で男の子に適わなくなる

という経験をするからです。



そんな女性として生まれたのは

私の運命だと思ってしまうのです。



運命は自分で決めるものではなく

与えられるもの…という消極的で受動的な考えになります。
 

 

「結果は神のみぞ知る」

という思考なんですね。



ですから、

運命を知る方法として

占いを求めようとするのです。



では、ぼくのような男は、

どうして占い師になるのでしょう。


それには、いくつかの理由があります。



男は基本的に、

「運命は自分で切り開く」

という思考をしています。



しかし、

自分ではどうにもならない出来事が重なると、

「これは運命のせいなのか?」

と、不安になるのです。



そういうとき、彼女や奥さんから

「あなたも一度、占ってもらったら?」

という助言を貰うのです。



ぼくもそうでした。



そして占い師に観てもらって、

「へぇ、たしかに当たってる」

「しかし、なぜ分かるんだ?」

となるのです。



ぼくなんかも、

どうして当たるのか…

その仕組みを知りたくなりました。


それが興味を持ったキッカケですね。





[[[[[[[[ 占い師随時募集中! [[[[[[[[

ほしよみ堂では
電話占い師を育てています。

「占いなんてやったことない」
というひとでも
最短2ヶ月でデビューできます。

【電話占いのお仕事】

【占い師見習い募集】

【紫微斗数とは何か】


動画で解説しています。
どうぞご覧下さい。


詳しくはコチラです!

【紫微斗数web講座】 



[[[[[[[[ 新規スタッフ募集! [[[[[[[[

マリアハウス&キロマンテではスタッフを募集します。

シフト制で週3〜5日出勤、
時給1000円です。


飲食・接客経験者のご応募お待ちしています。
 

 

Lineトーク占い師募集
国内最大級の占いサービス・LINEトーク占いの占い師を募集しています

< 戊戌(つちのえいぬ)で九紫火星  |  一覧へ戻る  |  起業は準備が8割 〜理想のお客様に出会えるレッスン〜 >

このページのトップへ