ソーシャルスキルと4つの『あ』/コラム

HOME > コラム > 思想・哲学・心理学 > ソーシャルスキルと4つの『あ』

ソーシャルスキルと4つの『あ』

おはようございます。

継続の体験がない人は、

物事への取り組みが長続きしません。

いわゆる粘りがないのです。

小さいことでもいいです。

やり遂げた成功体験や、継続体験をもつことで、
それが自信につながります。

原宿マリアハウスに集まった若手占い師たち

 

子どもの頃は親から褒められると、
認められた喜びが後押しします。

「もっと頑張ろう」
「次はさらに上を目指そう」

と、動機づけが強まるのです。

褒めて伸ばすということは、
こういうことです。

ところが、
親が子に無関心だったり、
逆に厳しすぎると、
褒められずに育ちます。

すると自尊感情とか、
有能感というものが持てないのです。

逆に、達成できなかった時、
きちんと叱られたり、
ペナルティを科せられた経験がない。

つまり「罰を受けない」場合も問題です。

「嫌な思いをしたくないから頑張ろう」


という気持ちが生まれないのです。

褒める、叱るというのは
家庭教育の問題なんですね。

途中で挫折しやすい人は、
家庭教育が不足していたり、
そのバランスが悪かったりする。

我慢する訓練を受けていなかった。

自分のことは自分でやる。

そういう習慣や整理のしつけを
きちんと受けていないと、
途中で投げ出してしまうのです。

気力や精神力がない場合もあるし、
問題解決のために必要な知識、
スキルや経験が不足しているかもしれません。

知識や経験などを使って、
実際に何かできることを、
「スキルがある」というのです。

スキルの中で、もっとも重要なもの。

それが、他者とのコミュニケーション。

つまり「ソーシャルスキル」です。

1.ありがとうが言える。
2.頭を下げられる。
3.挨拶ができる。
4.謝れる。

これが、ソーシャルスキルの基本、

4つの『あ』です。


この4つの『あ』が欠けていると、
人間関係が円滑にできません。

できないこと、
分からないことがあったとき、
誰かに教わることが大切です。

困難や障害に当たったとき、
協力や助けを求めなくてはなりません。

誰でも必ず、行き詰まります。

「教えてください」
「手伝ってほしい」

と、気軽に言えるような仲間が必要なのです。

どんな仕事も、
自分ひとりで完結できないからです。

チームを組んで力を合わせた方が、
短時間でクオリティの高い仕事になります。

それは、依頼心とは違います。

仲間の励ましや支えがあって、
挫折の危機を乗り越えられるのです。

こうした認識が間違っていると、
最終目標にたどり着けなくなります。

時間をかければ必ずできます。

頂上だけを見ていると、
「高すぎて登れない」
と気持ちが萎えてしまいます。

小さいことを軽視せず、
取り組める人は、
どんな小さな仕事でも手を抜きません。

小さな成功を遂げる体験の積み重が、
宝の山の入り口なのです。

達成すべき目標を、
まず具体的に掲げましょう。

目の前の小さな目標を、とつずつクリアする。

そして、やり抜く。

「自分にもやれるんだ」

と感じることが、
目標を達成する原動力なのです。

 

 

 『日刊メルマガ』毎朝8時に配信しています。登録無料!

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 

 

中島多加仁【星読み師☆taka】

 

Lineトーク占い師募集
国内最大級の占いサービス・LINEトーク占いの占い師を募集しています

< 挫折と依頼心との関係  |  一覧へ戻る  |  占いが外れる理由を研究する >

このページのトップへ