この1ヶ月のあいだ「お問い合わせフォーム」が故障していました。/コラム

HOME > コラム > コラム > この1ヶ月のあいだ「お問い合わせフォーム」が故障していました。

この1ヶ月のあいだ「お問い合わせフォーム」が故障していました。

 

この1ヶ月のあいだ「お問い合わせフォーム」が故障していました。 

 

http://harajuku.areablog.jp/shibi


きのうのことです。

朝です。

シャワーを浴びて、スタバへ行こうと思い、

カバンのなかを見ると。。。ない!!

あるべきはずの財布が。どこを探してもない。

や、やられた。

新幹線のなかで置き引きにあったのかな?

と、心なしか動揺。めったなことでは動揺しないオレが……

まぁ、でも「なくなったものはしょうがない」。

5分程度で開き直りモードへ。

しかし、現金は10万円くらいはいっていたような……

それよりカード、免許書、印鑑証明書、保険書、あと何が入っていたかなぁ

わからぬ!!

カードは、たしか4〜5枚ほどあったような。

やべ。止めなきゃ。

ということで、東海林先生に断易をたててもらおうと電話したがつながらず、

華山さんへ電話。

彼「まず冷静になって、どんなカードがあったか書き出して」

俺「わかった」

彼「そして、おちついて六壬たててみたら?」

俺「そだね。じゃぁ六壬で見てみる」

と、いうことで彼にも周易でたててもらったら、

『坤為地』(こん い ち)という卦が出たとのこと。

坤は大地(土性)で地も同じく大地。

家の中、と読みとる。

ん? もしかして……


ということで六壬版を作成してみると

(イライラしながら作ったので、字が汚いです……)

きょうという日は、まず八白土性の乙丑の日。

乙(きのと)の寄宮(ききゅう)は未(ひつじ)なので「土」。

調べた時間は午の刻。月将が午なので、天盤と地盤が同じになる。

こういうときは、吉凶がはっきりでて、かなり当たりやすいです。

しかも四課三伝すべてに「土性」と「子孫」が乗ったのです。

土性は「守り」「家内安全」の象。

子孫は、これまた家の中という意味。

太常(たいじょう)とか天后(てんごう)という吉神が多く乗っていて、

いわゆる凶神がいない。盗みの神も、ひとつもいない。

え? これって家の中で見つかるってこと?

ということで、家中を徹底的に探す。

が、見つからない。

もういちど六壬版を見て、財布を示す星の方角とキーワードを調べる。

財貨は「青龍」の位置でとる。

六壬は風水と違って家の方角ではなく、今いる場所からの方位とする。

すると辰の方角。

辰はまたもや土性で、「埋もれている」「重なっている」とみた。

なんと!!

意外なところから財布が発見☆


えぇ〜、いつのまにこんなところに落としたの??

ふだん絶対にカバンをおかない場所へ、


いったんおいてガサゴソとやっているうちに落ちたのね。

ゴミ箱の中。

(ちなみに土星には「ごみ」という意味もあります)

超ラッキー☆


と、財布を手に取ったその瞬間。

とてつもなくでかい大音量の雷が轟き、急にすさまじい雨が降り出した。

おっと、ひさしぶりに龍神が動いたね。

「厄落とし、完了!」

と、おれは胸中で叫んだ。

いやぁ、今年は太歳命宮に化忌(悪魔)がいるでしょ。

しかも太歳官禄宮(今年の仕事を見る場所)にも化忌が飛星してるし。

怪我をしやすく、失業、失恋などのトラブルが多い年。

それは覚悟していたので「あいやぁ! これのことか」と思った。


すぐに華山さんへ連絡を。


「2万円ほど神社に寄付しようね」

と言われたよ!! へへ。



するとその5分後に電話が。

とある有名な出版社から。

以前お世話になった有名占術家の大先生のお口添えにて、


占い雑誌での取材依頼でした。


すると、その20分後にも電話。

こんどは新しく創刊する古着雑誌からの掲載のご依頼。

ついてるなぁ!

雑誌担当者「詳細を送りたいのですが」

俺「じゃぁメールで送って下さい」

担当者「メールを送ったんですけど」

俺「いや、来てないです」

あれ? もしかして!!!!

ということで、調べてみると……

hoshiyomitaka.com

のアドレスが、まったく受信できていないことに気づいた。

送った方は、エラーにもならず、ぼくの返信をタダひたすら待っている。

そういえば、この1ヶ月、

新規のお客様からのお問い合わせが1件もない。

いままでなら、少なくとも3日に2件はあったのに〜

本を出してから1件もないんですよ。

考えたら分かることだよね、普通。

でも、そういう常識的な判断が抜けているのがtakaさんなんです。

で、すぐにサイト管理会社へ電話をして、対処してもらいました。

お客様からのメールがデータで残っているといいなぁとおもったけど、

残念。それは叶わず。


この1ヶ月、ぼくの本を読んで、

「問合せフォーム」から連絡をしてくださった皆様は、

ぼくの返事を、ずっと待ち続けていらっしゃるのですね。


申し訳ない.........(_ _ ; )

ぼくからは、どうしようもないのです。

せめて、この日記を読んでくださっていれば。。。


そういえば、お電話を下さった方。。。が数名いらっしゃいました。

「お手数ですが、問合せフォームからメールくださいね」

とお伝えして、その後、連絡なし。

向こうからすれば、俺が無視しているという設定になってるんですよね。

かぁ〜っ

やべ!

これが、化忌の仕業なのね。

しょうがない。これも厄落とし。

災い転じて福となす。

おそらく、ぼくの(たのまれたら断れない)性格上、

問合せ殺到、予約殺到できっと体調を悪化させ、

それがもとで病気になって死ぬ……っていうシナリオだったんでしょうね。

ぼくは、その化忌の魔力をあらかじめ知っていたから避けられたんだ。

そして、それを龍神が知らせてくれた。

うん! そう解釈しよう(^^)v
 

Lineトーク占い師募集
国内最大級の占いサービス・LINEトーク占いの占い師を募集しています

コメント(2)

akiko (2008年8月11日 01:31)

こんにちは。
対面占いは、どこで占っていただけるのでしょうか。愛知県ではないですよね。
。。?

という質問をホームページから送りましたが。。
届いていますでしょうか。。

星読み師★takaです。 (2008年9月29日 11:14)

>akikoさん

コメントありがとうございます。
じつは、今気がつきました。
遅すぎですね。
というか、このブログ、機能悪すぎです。
せっかくコメントとしてもらっても、気づくために巡回しなくちゃいけないから。

あ、ちなみに……届いていないようです。

もういちどフォームからお問い合わせいただければ幸いです。

ぼくの「ところ」にメールが届いていないのは、akikoさんだけじゃないですのでご安心ください。

ぼくは、無視したりしません。かならずお返事していますので、返事がない場合は、埋もれてしまっているか、不具合によるものです。

< 重要なお知らせ【メールが受信できません】  |  一覧へ戻る  |  天津金木or六壬神課をタロットで占う。ぁ、東洋書院の講座ね。 >

このページのトップへ