「格」と「使命」そして「役割」/コラム

HOME > コラム > コラム > 「格」と「使命」そして「役割」

「格」と「使命」そして「役割」



人は誰しも「しあわせになりたい」と願うもの。

不幸がいい、という人はまずいないでしょう。



でも、

「どうせあたしゃ、不幸という名の星の元に生まれたんだよ」

と思っている人はけっこう多いのです。



はたしてそうでしょうか?



いいえ。

人は誰でも、しあわせになれるのです。

それには、まず、不幸要素をみずから取り除くこと。



不幸……と一言でいっても、

その概念には個人差があります。



とても感覚的なものだからです。



結婚もして、お金もあって、友人もいて、

でも、子どもが出来ない……どうして私ばっかり。

と思っている人も不幸です。



一流大学を出て、キャリアがあって、

友人から尊敬されて、

でも彼氏ができない。結婚できない……あぁ悲しい。

と思っている人も不幸です。



芸術家の家系に生まれて、

子供の頃から神童と呼ばれて、

でも、なかなか芽が出ない……なんでだろう?

と思っている人も不幸です。





このように不幸というのは、

じつに個人的な感覚なのです。





その原因をひとつひとつ理解して納得してゆけば、

いつか必ず、しあわせになるのです。



しあわせは、待っていてもやってこない。

かといって、こちらから求めても手に入ることはない。



しあわせのチャンスは、数年に一度やってきます。



それを逃さないためにも、

日頃から研鑽を重ね、強く意識し、

来たるべき日に備えて受け皿を磨いておくのです。



それには、まず自分の受け皿を知ること。



受け皿が、すなわち「格」になります。



人間には生まれ持った「格」というものがあるんですよ。



残酷な言い方をすれば、

上格・中格・下格.....そして最下格。



自分がどの格なのかを、勇気を持って知るべきです。



残念ながらこれは、

占い師に聞いても教えてくれません。



自分で調べるしかないのです。



まず「格」を知ること。



それを知ったら、次に「使命」を知ることです。

人間には誰にでも使命があります。



ただし使命にも大中小があって、

それは「格」に影響されます。



大きいのか小さいのか、ひとによって千差万別です。



使命の大きさを知る。

使命の内容を知ることです。



使命に添っていない仕事は、

やっても張り合いがないし、

結果も出にくいし、

長く続きません。



使命じゃない仕事を「修行」と呼ぶのです。



あなたはいつまで修行するつもりですか?

ということです。



さて。

使命が分かったら、最後に「役割」を知ること。

この役割というものが、とても大事です。



しかし役割は、格と使命によって形成されているので、

格と使命が分かっていない場合、

明確な役割を担うことはできません。





役割がはっきりとわかれば、

自分がなんのために生まれたのかが分かるから、

迷ったりブレたりすることがないのです。



そのためにも運命学の習得は欠かせません。



運命学をきちんとマスターすれば、

霊能者や宗教なんて必要なくなります。



あきらめないで、

自分の可能性と最前の方法を知ることです。



そのために先人は、

四柱推命や紫微斗数を作って残してくれたのです。

 

 taka

 

 

Lineトーク占い師募集
国内最大級の占いサービス・LINEトーク占いの占い師を募集しています

< ほしよみ堂という世界  |  一覧へ戻る  |  占いは信じるものではない。使うものです。 >

このページのトップへ