グループレスンを開始しました。/コラム

HOME > コラム > コラム > グループレスンを開始しました。

グループレスンを開始しました。

先月から、にわかにはじめることになったグループレッスン。

おとついは「初級入門コース」でした。

まったくの初心者5名をあつめて、基礎の基礎からスタート!!


うちのオフィスで入門コースをする記念すべき第1回。

東海林先生の『紫微斗数占星術奥義』をベースに、

独自で作成した資料をつかって講座を進めています。

基本的に10回コースにしました。


■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■

紫微斗数入門講座カリキュラム



第1回:紫微斗数とは何か?

      占いの仕組み/陰陽五行の法則/命盤作製と基礎的な鑑定法

 

第2回:活盤鑑定の初歩的な方法

大限と太歳の読みとり方/基礎的な相性診断術


第3回:四化飛星術とは何か?

干支学と紫微斗数との深い関係


第4回:四化飛星による高度な相性診断

命宮からの飛星/各宮からの飛星/大限太歳からの飛星

 
第5回:四化飛星術の実践と応用

月運と日運からの飛星術(難解で高度な飛星術が手軽に使いこなせる)


第6回:易と気学と紫微斗数の併用術

八卦図と魔方陣と紫微命盤との深い関係性

 
第7回:陽宅風水術と方位開運術

  命盤を使った高度な風水術


第8回:紫微占機法

知りたいことを知りたいときに知る「卜術」としてのホラリー占機術

 

第9回:前世の調べ方

命盤を使って前世の因縁を知り、今生の使命を探る

 

第10回:命盤鑑定の裏技

測局法で世の中を読みとり、占機命盤と併用して自分の立ち位置を掌握する

 

※毎回、ひとりにつき一人ずつ命盤を作ってきてもらいます。


■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■



さて。中級コースも控えていますね。


タイムリーな話題として、

小室哲哉さんの命盤を例題に紫微斗数の奥義を披露してみます。

乞うご期待!

 

http://harajuku.areablog.jp/shibi

 

 

コメント(1)

大澤 博子 (2009年2月 6日 20:46)

初めまして。突然お便りさせていたきます。
 私は大澤 博子と申します。
「紫微斗数」に興味を持っています。勉強してみたいと思っているのですが、どこかで教えて頂けるところはないものかと思っていたところ、先生のサイトを見つけましたが、もうすでに講座は開講されているとか・・・
 詳しく知りたいのですが・・・
宜しくお願いします。

< ハーフムーン20周年イベンツでプチ鑑定します。  |  一覧へ戻る  |  九紫火星で霹靂火(へきれきか)とは?! >

このページのトップへ