原宿の占い師 中島多加仁 紫微斗数タロット・占星術


mail : info@hoshiyomitaka.com

紫微斗数占い星読みtakaオフィシャルサイト

ブログメニュー

最近のコメント

好きになるほど不安になるのはなぜでしょうね?

ひとを好きになるって、 じつに不思議な気持ちですよね。 「本当に好きなときは、理由なんてない」 たしかにそうかも。 胸がキュンとしたりドキドキしたり。 いままでになかった好印象を持ったり。 それが恋...

全文を読む→ 

日時: 2010年05月29日 01:02 | トラックバック (0)

結婚したい理由、結婚しない理由。

あなたとなら うまくやれる そんな恋は いつか破れる あなたなしでは 生きていけない そう思える相手と 連れ添いましょう 「結婚しない人」が増えています。 でも、いま独身の90%以上は、 いつかは結...

全文を読む→ 

日時: 2010年05月24日 11:33 | コメント (1) | トラックバック (0)

感謝は半分返し。怒りは倍返し。恨みは3倍返し。

多少、心理学に興味がある人なら知っているでしょう、 「好意の返報性」という用語を。 自分のことを好意的に思ってくれる相手は、 好意的に思えますよね。 少なくとも、 自分のことを悪く思っている相手より...

全文を読む→ 

日時: 2010年05月20日 11:24 | トラックバック (0)

男女はなぜ恋愛し、そして結婚するのか?

「どうやったら結婚できるか」 「ケンカした相手と復縁するにはどうすれば良いのか」 ぼくのもとには、毎日のようにそんな相談がきます。 うまくいかないカップルや夫婦は、 いざというとき、自己の問題点に着...

全文を読む→ 

日時: 2010年05月19日 11:26 | トラックバック (0)

女性には、二つの道がある。

    女が男のために我慢している、と世間はいうでしょう。 家事は「ただ働き」だと。 ある家政学者が言っていました。 家事労働に賃金は支払われることはないが、 賃金換算すれば年間...

全文を読む→ 

日時: 2010年05月17日 07:57 | トラックバック (0)

ジェンダー論を考えてみる。

  ジェンダー論を話すことは、なんとなくタブー視されています。 けれどもほんとうは、 特定の性別、年齢、社会集団を差別する意図はなく、 それどころか、それらの間にある差別をなくすために、 ...

全文を読む→ 

日時: 2010年05月15日 06:50 | トラックバック (0)

男女学を考えてみる。

  「女性差別をなくしましょう」という話をよく聞きますよね。 それはもっともな意見です。 しかし「女性のために」といいますが、 女性だからこそ得なことも多いと思います。 今「女性の時代」と...

全文を読む→ 

日時: 2010年05月14日 09:55 | トラックバック (0)

励みになりますね。

  宮帯出版の社長から2通、メールが届きました。 ひとつは、 テレビ朝日「スーパーJチャンネル」で、 鑑定士として登場した旨。   鑑定士といっても占い師ではありません。 &nb...

全文を読む→ 

日時: 2010年05月11日 12:33 | トラックバック (0)

トップページへ⇒