愛の正体/コラム

愛の正体



以前、中小企業の社長さんたちが

「学歴があっても使えないビジネスマンが多い」

という声を漏らしていました。



学校で学ぶ勉強が、さほど実用的ではないからですが


それは、なぜかと言うと

教えている側の人が、

公務員気質だったりするから

ではないでしょうか?




脅かすような教え方では、

子供の可能性を奪ってしまいます。


 

もし自我の強い子供だったら、

親を振り払って家出するかもしれません。



劣等感をもたず、恐怖心をもたず

元気で明るく前向きであれば

それでいいのではないか

 

....と、ぼくは思います。


 

自我が強い子であれば、

自分の可能性を奪う親の元から逃げる道を選べるでしょう。



しかし、自我の弱い子供なら、親の言いなりになって、

ちんまりとした人間になってしまいます。



さて、あなたは、

子供や部下の可能性を奪っていないでしょうか?



親が恐れをもっていれば

その恐れを子供にも植えつけてしまいます。



子供はそんな恐れを克服するために、

何十年も苦労を強いられます。



四柱推命や紫微斗数など高度な運命学では

その子供の特性を正確に知ることができます



親から脱出する運命なのか?


それとも、


未熟な親とつきあって苦労する運命なのか? 



それらが、如実に分かります。



子供からしたら

親というのは未熟な存在に見えるもの
です。



なにが言いたいのか、というと…


運命学を使うということは、

自分の未熟さに対峙し、受け入れる行為だということです。



愛の欠如によって、ひとは精神が病んでしまいます。



隙間を埋めたいという欲求。

何か足りない、という不満感。

未熟ゆえに感じる不快な緊張。

自分には才能がないという焦り。



そういった心理状態があったら幸福とはいえません。



大切なのは、愛に満足することです。



今あるもので充分。

陰口が気にならない。

不要なものを欲しない。

いつ死をむかえても悔いがない。




こういった状態が、いわゆる幸福の姿なのです。



とはいっても苦悩はあります。



かりに悟った人であっても苦悩に満ちているのです。



どんな苦悩かというと、

【相手の苦悩が分かってしまう】

という苦悩です。



それが『慈悲』という苦悩です。



自分自身に対するものではなく、

つねに相手に対して湧く感情です。



これが『愛』と呼ばれるものの正体です。

 

 

 

 

 


[[[[[[[[ 占い師随時募集中! [[[[[[[[


ほしよみ堂では電話占い師を育てています。

「占いなんてやったことない」
というひとでも最短2ヶ月でデビューできます。

【電話占いのお仕事】

【占い師見習い募集】


動画で解説しています。
【紫微斗数とは何か】



詳しくはコチラです!
【紫微斗数web講座】 
 

 

 

< 倫理によって恐怖心を与えたら未熟なまま大人になってしまう  |  一覧へ戻る  |  相手を愛するためには、まず自分自身を愛すること >

このページのトップへ