原宿の占い師 中島多加仁 紫微斗数タロット・占星術


mail : info@hoshiyomitaka.com

紫微斗数占い星読みtakaオフィシャルサイト

ブログメニュー

最近のコメント

人に認められたければ まずデキル人を認めて褒める

 



「ありがとう」という言葉ひとつで

頑張れたりするものです。



感謝されるから、苦労もできるわけです。


感謝の気持ちって、栄養ドリンクみたい。



しかし、そんな栄養剤も

心が伴っていないと毒になるんです。





ぼくは、そもそも頑張り屋ではないし、

ゆるく楽しく仕事をするのが好きな性格です。



でも、その根底にあるのは

『感謝』の気持ちと、

『慈しみ』の感情なのです。

 

 

 


他人を褒めることや、

長所を認めて感謝することに

抵抗感を持つ人がいます。



そういう人と接すると、

険悪なムードが漂い、居心地が悪くなります。



子どもが親に感謝する、

なんて、まずないですよね。


 

親に感謝しなかったのと同じで

子どもから感謝されるなんてないです。



あと経営者という立場は、

部下から文句や嫌みを言われても

感謝されるなんてこと、まず皆無に近いです。



人に感謝ができないのは、

じつは「心の弱さ」のせいです。



ぼくだって

感謝されないと、やる気がなくなるし、

認められないと張り合いは出ません。



ただし、社交辞令では気分が良くないですよね。



その反面、

上手な褒め方をするひとに、

とても好感を持ちます。



うまくいっている経営者は

共通して『褒め上手』です。




行き詰まっている経営者って

やはり『褒め下手』なんですよね。



女性は褒め上手なのか?



というと、そうでもないようです。



言葉では

「すごぉぃねー」

「わぁーかわいぃ」

「おいしぃねー」

「ほんとうにありがとー」

なんて言っているけれど、

よくみると目が笑っていない。



そういうシーンをよく見ます。



なにか無性に胸がモヤッとするし、

頻繁に続くとうんざりします。



本当に必死に頑張っている人には褒めず、

むしろ批判的な眼を向けて、


無能で内向的だけど

ちょっと頑張った人を褒める


という傾向が、

女性全般に見え隠れします。



おそらく、これは

母性愛からくるものでしょうが、


命を張って仕事をしている人からすると、

不愉快極まりないわけです。



さて。


褒めるのが下手な人は、2つの理由があります。



ひとつめは【自意識が過剰】

 

ふたつめが【自己愛が強い】



じぶんに自信がない人は、

『誰かに認められたい願望』

を抱えています。



自信というのは、周りから評価されて

ようやくつけられるもの。



でも

簡単に認めてもらえるほど

世の中って甘くありません。



なぜなら、みんな

自分のことで精いっぱいだからです。



他の誰かが認められているのをみて

「自分はないがしろにされている」

と傷つくわけです。



【自分はもっと褒められるべき】

【もっと大切に扱われてもいい】



そういう心理が根底にあるから、

認められない現状に不安を抱えてしまうんですね。



満たされない自意識を抱えるのは、

とてもつらいものです。



ですから

なんとか自分の心を守るために

批判的な態度をとり、


他者を認めないような感覚になってしまうのです。



でも

まったく何も言わないと変なので、

上辺だけで社交辞令は言います。



そうすることで、

心のバランスを保とうとしているのでしょうが

残念ながら効果は薄いです。



だから自分から見て

なにかしら劣っている人や

年齢が下の人に対して

褒めたり優しくするのでしょうが、

端からみると気持ちのよいものではありません。



成功する人の特徴は、

じぶんより先輩で成功している人をみると

素直に感動し、本心から敬意を感じます。



逆に、成功しない人の特徴は

上司や先輩をないがしろにし、


できない後輩の肩を持ったり、

失敗を繰り返す弱い立場を見過ごす傾向にあります。


『悪者になりたくない』

『いい人に見られたい』

という自己愛からくる思考ですから

やはりそれでは会社の評価は落ちますよね。

 

 

 

 

日時: 2017年10月17日 09:47 | トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.hoshiyomitaka.com/cgi-bin/mt-tb.cgi/774

トップページへ⇒