原宿の占い師 中島多加仁 紫微斗数タロット・占星術


mail : info@hoshiyomitaka.com


お客様の声

★私の人生を大きく変えてくれた師匠

離婚を経験し、これからどうやって生きていけばいいのか?
どうしたらしあわせになれるのか?
その答えを求め、多くの占い師を訪ねました。
しかしどの占いも、私の中で納得のいく答えではありませんでした。


初めて中島先生の鑑定を受けた時、
どうしてこうなるのか? 今後どうしていけばいいのか?
その原因と対策を、きちんと教えていただいたことで
私は過去と決別し、そこから前を向いて進むことが出来ました。


『紫微斗数ってすごい、ぜひ習いたい! 多くの人を幸せにしたい!』
その思いは日に日に大きくなるばかり。
そして先生に師事し、毎月東京まで通いました。


先生は占術だけではなく、占い師としての心得やマナー、
ビジネスやマーケティングなど、多くのことを教えてくださいます。
そしてそのアドバイスはとても具体的で的確です。


上京し、高円寺に「かぎねこ亭」をOPENさせた時も、
屋号を決めていただき、お店の内装などもアドバイスくださいました。
時には厳しく叱られることもあります。
何がいけないのか、どこが間違っているのか、
細かく丁寧に、愛情をもって教えてくださいます。


中島先生は、私の人生を大きく変えてくれた人です。
もし先生に出会う事がなければ、今の私は存在しません。
占い師になりたい!そんな私の背中を押してくれました。
そして占いを教えるというだけではなく、
一人一人を丁寧に育て、向き合ってくださる先生に心から感謝しています。


すべてはあの鑑定から始まりました。
長年つとめた会社を辞めて上京し、
まさか占い師になるなんて考えてもみなかったです。


他にも占いを教えてくれるところはたくさんありますが、
学ぶだけでなく、チャンスや試練を与えてくれる先生に師事したことが、
私にとって成功の選択だったと思います。


夢猫 ムニャ(ゆめねこ むにゃ)
かぎねこ亭渋谷ほしよみ堂所属・占術家
<使用占術>
紫微斗数、九星気学(秘伝四盤掛け)、六壬神課、タロット


このページの先頭へ⇒

★レッスンの内容の濃さと面白さ

友人から紹介で、taka先生と出会った場所は、都内の某ライブハウスでした。
それまで、ぼくが占い師に対して持っていたイメージは「仙人」。
浮世離れした、気難しそうな髭をたくわえた老齢の男性を想像していました。
DJが廻すレトロなナンバーをバックに華麗なステップで踊る先生は、
そんな僕の創造を大きく裏切るものでした。


実際に話してみると見た目も若く、落ち着いた雰囲気。そして快活な口調。
多くの占術を使いこなす達人でありながら常識人でもあり、
占術以外の幅広い知識を身に着けた経営者でした。


聖人君主ぶることなく酒食を愛し、
芸術分野への造詣も深く、常にユーモアを欠かさないところが魅力でもありました。


僕を夢中にさせたのはレッスンの内容の濃さと面白さでした。
taka先生のレッスンはあっという間に時間が過ぎます。


それは占いというジャンルだけにとらわれない知識の幅広さにあります。
その幅広さは古神道の呪術や瞑想法、心理学や哲学にも通じます。
レッスンの合間に挟まれる雑談にすら、限られた専門書にしか記されていない
秘伝や奥伝が、ふんだんに含まれているのです。


紫微斗数をはじめ、数々の本格的占術の奥義を伝授していただきました。
そして占術の技術や思想を学んでいったわけですが、
先生に学んだ中で一番大きなものは『願望の叶え方』でした。


過去、僕には数々の夢がありましたが、
残念ながらどれも達成するには到りませんでしたが、
「占い師として生計を立てたい」
との夢だけは叶えることができました。


技術や思想は書籍からでも学べます。
しかし師匠についてしか学べないものがあります。
それが「本質」です。占い師として必須科目なのかもしれません。


占いというものの本質。人を占うことの意味。
人の願望を叶えることの意味、人に教えるということの意味。
そして、生きることの意味。
そういう「本質」を、僕たち弟子は師匠より教わったのです。


そして今、ほしよみ堂という現場に立って、
運命鑑定や占術講師に従事できていることに感謝と誇りを感じます。


某 件太郎(ぼう けんたろう)
渋谷ほしよみ堂所属・占術家
<使用占術>
紫微斗数、周易、タロット、九星気学、六壬神課、手相


このページの先頭へ⇒

★膨大な知識や経験を惜しみなく伝授してくださるこの上ない師

「クリエイターっぽい雰囲気のお兄さん」
これが、taka先生の第一印象でした。


私が客として初めて先生にお会いした際、先生は古着系のラフな服装をされていて、
いわゆるスピリチュアルなムードはほぼなく、サクサクとした口調で分かりやすく話して下さいました。
その時、占いに縁遠かった夫も一緒に鑑定を受けたのですが、
良い意味でドライかつロジカルなお話に、現実主義者の夫も深く納得しました。


当時から、私はオーラソーマというカラーセラピーの有資格者でしたが、
自分に全く自信がなく、開業に踏み切れずにいました。
また、その頃、大きな手術を経験し、体力的にも精神的にも落ちている状態でした。
未来のビジョンが見えなくなっていた私に、“ひらめき”という光明をもたらしてくれたのが、
他ならぬtaka先生の言葉の数々でした。


「特に女性向けのコンサルタント業務や占術家が向いているね」
「オーラソーマ単独事業では厳しいかもしれないけど、
 親和性の高い占いを学んでメニューに加えたら、可能性が広がるかもしれないよ」
などなど、空想の中でしか有り得なかった開業という夢を、
いとも容易く現実的なプランとして私の前に提示してくれたのです。
眼前を覆っていた霧が一気に晴れたような気がしました。


「自分にはできない」という間違った思い込みを、
軽やかに払拭してくれる先生の発想力に触れた私は、
先生の下で本格的に占術を学ぶ決意をしました。
ウジウジと悩んでばかりで実行力に欠ける自分を少しでも変えたかったのです。


先生への弟子入り後、岐阜の飛騨高山に住んでいる私は、スカイプを通してレッスンを受けました。
率直に申し上げると、先生は「来る者拒まず、去る者追わず」というタイプなので、
占術習得のみならず占術家デビュー後も、大いに自主性が求められます。
先生は真摯に学ぼうとする者に対して、その膨大な知識や経験に裏打ちされた
経営ノウハウを、惜しみなく伝授して下さいます。


地方で単独活動している自分にとって、taka先生はこの上ない師だと確信しています。


澄江 まこ(すみえ まこ)
岐阜在住・占術家
<使用占術>
紫微斗数、タロット


このページの先頭へ⇒

★海外在住でも適切な授業料

思ったより普通の人だ…。これが中島先生への正直な第一印象でした。


私は当初、ご指導して頂く予定だった先生が、新規に弟子を取らなくなってしまったので、
若手で実力のある中島先生をご紹介頂いた御縁から原宿へお伺いすることとなりました。


とはいえ、ホームページのお写真を拝見した限りでのイメージですので
甲高い声で妙にテンションの高い人だったらどうしようとか、
理屈ばかりの超ヲタの人だったらどうしようとか、
余分な心配ばかりしていましたが、
その予想はすべてはずれ。
ご紹介の通り、大変知識のある落ち着いた方でした。


私が今まで常々疑問に思っていた事柄について、
宗教・心理・占術等々あらゆる角度から的確にまた明確に、
そして過不足なく答えていただけたのです。
そして何より、私自身の鑑定結果を通じで、
たいへん気持が軽くなり、また視野が広がったのです。


今まで海外在住を理由に指導を断られたり、また法外な指導料を提示されるなど、
その点は今回も半ば覚悟していました。
しかし、基本的に頭が柔軟な先生で、
国内のお弟子さんと条件が違う事柄についても多角的にクリアさせ、
授業料も適切で、こちらが拍子抜けする位でした。


今、これをお読みになっていらっしゃる方はおそらく、
プロの占術家になりたいとか仕事や自身の教養のため、
先生のレッスン受講を考えていらっしゃる方だと思います。
巷によくある「お客様の声」のように
「きめ細かいバックアップ」や「優しい指導」云々と、
いかにもな美辞麗句は書きません。


先生のご指導がどのように感じるかは、
すべてご自身のモチベーションと取り組む姿勢だと思います。 
海外にお住まいの方、また国内でも東京から遠方にお住まいの方で、
もし距離を理由に受講を躊躇している方がいらっしゃいましたら、
あきらめず、まず先生の鑑定を受けてご相談なさって下さい。
必ず何らかの解決方法が見つかると思います。


Kayli Aikawa (相川桂李)
ハワイ在住・占術家
<使用占術>
紫微斗数・タロット


このページの先頭へ⇒

★アドバイスされたことをやってみたら、本当に占い師になってました

私は、占いとはまったく関係ないところでtaka先生と知り合い、
その飄々としてオシャレ大好き!という雰囲気から、
最初は占術家だとは思っていませんでした。
しかし、ひょんなことから実は占術家であることを知り、
ちょうど私の父が切羽詰まった状況だったのを占ってもらいました。


「僕はこういう大変な相談の時こそ、冴えるんですよ」と微笑んで、
父があれこれと質問しても、
その件はこの占術でやってみましょう。それはダメでしょう。
こちらは大丈夫です。と、歯切れよく結果やアドバイスを繰り出し、
開運方法を伝授されました。


父は半信半疑ながら言われた通りに行ったところ、
四面楚歌の状況を無事打開したのです。


taka先生の軽快かつ的確な対応を目の当たりにした私は、
「これだ!」と、その凄さに惹き付けられ弟子入りしました。
「あなたは占い師に向いているよ」と言われて、
アドバイスされたことをやってみたら、本当に占い師になってました。


いつも多忙であるにも関わらず、思い立って相談した時に、
すぐ反応が返ってくるフットワークの良さと、
飲みこみの悪い私には難解な事柄でも、
いとも簡単なように教えてくれる面が、先生の凄い所です。


私のお客様で占術に興味を持った方に先生の著作を薦めると、
わかりやすくて面白い!と必ず返ってきます。
そこから「もっと占術を学んでみたい」という方も少なくありません。


知識が唸るほど豊富で、熱心な占術家は他にもおられると思うのですが、
わかりやすく、その人にとって興味深く伝える力のある人はそうはいません。
私自身がその人の気持ちに届く鑑定、わかりやすい話を心掛けているのは
師匠の姿勢から学ばせていただいている最も大きな点だと思っています。


父の話には後日談があります。
教えられた開運法は継続性が求められるものでした。
父が勝手に方法を変えたところ、ツーリング先で事故を起こしました。
奇跡的に捻挫だけでしたが、taka先生に相談したところ、
怠けていることを指摘され、慌ててまた元に戻しました。
それなのに懲りない父は、再度しばらくして勝手に変更してしまいました。
すると今度は、仕事でいきなり取引相手からクレームの嵐に見舞われ、
「もう絶対に勝手に変えたりしない!」と心を入れ替えました。


先生が相談者に正しい方向で開運して欲しいと仰っていたのを、
こんな風に実践させている例を間近にみて、
ビックリしつつも折々で師匠について学べる良さを噛み締めています。


坂宮 鈴果(さかみや りんか)
東京在住・占術家
<使用占術>紫微斗数




このページの先頭へ⇒

★決して努力する人を見捨てない愛情深い先生

taka先生にはじめてお会いしたとき、
実は「占い師」でいらっしゃることは全く知りませんでした。
ちょうど私が音楽ユニットを始めたころ、
渋谷や新宿界隈にあるライブハウスで度々お見かけしていました。


第一印象は『陽気でファンキーなオシャレ兄さん(年齢不詳)』…
なぜなら、マッシュルームカット、サングラス、レトロな総柄シャツという
60-70年代のヴィンテージファッションで、誰よりもキレのよいツイストを踊っていらっしゃったから!笑


ご挨拶できたのは2008年4月。某バンドのレコ発イベント終演後、
渋谷のライブハウスの前で、共通の知人から、
「原宿の古着屋オーナーのtakaさんです」と、ご紹介いただきました。
この時のtaka先生は口数が少なくクールな印象で、
占い師だと知ったのはそれから3ヶ月後のことです。


<なぜ弟子入りしようと思い立ったか>
理由は3つです。

●その1「占い師のイメージを一新!」
占い師と聞くと、神秘的な反面、幸薄そうだったり、辛口おばさんだったり、
お金の亡者だったり、どちらかというと陰ウツなイメージがありました。
「そもそも占い師本人が開運してないと信じられないでしょ」って。
だけどtaka先生は見るからに幸せそうだし、
めちゃくちゃバイタリティ溢れる方で。

え?こんなに陽気なのに占い師?
しかも、すでにキャリアは15年以上?…この方は一体?!
そんな衝撃を受けたのが始まりです。

●その2「ナゾの占い、シビトスウ?」
もともと占いは好きでしたが『紫微斗数』は知りませんでした。
はじめて聞いた時も「死人?何それコワイ!」と脳内変換しました(笑)
でもマニアック好きが高じ、好奇心に導かれるまま友人と鑑定に行きました。
その鑑定が実際に細かく当たっていたものだから、またまた衝撃!
何より命盤作成直後の第一声がズシンときました。
「へー、本当は繊細ですごくやさしいんだ。
 でも外見とのギャップがあるから誤解されやすいでしょ?」
生まれてからずっとそのことで悩んでいたため、
今までの矛盾や孤独感がすぅーっと氷解したのを覚えています。
すごい!他の占いでは当てられなかったのに…と、驚くと同時に、
とても癒されている自分がいました。

●その3「ベストタイミング☆」
充実感と元気を補充できた鑑定が終わって。
「来月からグループレッスンを始めるけど、よかったら参加する?」
とお誘いを受けました。
小さい頃から占い師という特殊な職業に興味をもっていた私は、
「はい!ぜひ!!」と即答。


<弟子入りしたあとのバックアップや指導を受けた率直な感想>
とても頼もしい先生です。
分からないことがあると、どんなささいな質問にもズバズバッと答えてくださいます。
決して見下すことなく、さらっとスマートに、そしてユーモアたっぷりに。
そのジャンルは多種多様で、占術に関することはもちろん、
恋愛、結婚、食事のマナー、お酒の嗜み方、ファッション、音楽、映画、
ビジネス、経営者の心構え、カラダやココロの仕組み、文章の書き方、
人を惹き付ける話し方、人生哲学、歴史、武道etc…
書き出せばキリがないほど!
知識の豊富さに加え「ストレート」で「ハートの熱さ」をちゃんと含んでいるのが特徴です。

その分、叱られる時はめちゃくちゃコワイ…
切っ先の鋭いナイフのようなお言葉がグサグサ刺さり、
泣いてしまうこともあります。(あーもう辛い…ダメだ…)と何度思ったことか(笑)
それでも最後には、
「何があっても僕がいるから大丈夫。何も心配するな。がんばれ!」
と力強いお言葉をかけてくださる先生。


決して努力する人を見捨てない愛情深い先生なのです。
本当に『有り難い』お師匠さま。いつもありがとうございます。


そまり 百音(そまり もね)
渋谷ほしよみ堂所属・占術家
<使用占術>タロット、カバラ、星座占い、紫微斗数、九星気学、四柱推命、六壬神課、風水、浄化


このページの先頭へ⇒

★教科書には載ってない面白い理論がたくさん詰まった先生の教え

「七殺は致命傷を負ってしても戦いをやめない。
 でも、そこに紫微があると守りながら戦えるんだよ。
 その守り方を教えてあげるよ」


これは初めてお会いした時、鑑定での先生からの言葉。


紫微斗数でいうと、私は七殺という星です。
その時はまだ星の持つ意味などほぼ理解不能で、七殺ってなんか字体が激しいぞ!
無法発砲に血走ってるキテレツ星なのか?
もしくは七回殺られても死にそうにない?逆にヤッタルゼ的な?…
などと色々想いを巡らせながら、ぽかーんと楽しく聞いてた記憶があります。


でも、その鑑定を受ける時点で、
「私は、この先生に占術を教えていただこう」と決めていました。
なぜなら、私にない「守る方法」というアイテムを、初めて提示してくれた方だから。


アタマにピカーンときらめき。
「戦(人生)での守り方〜♪」
とドラ○もんの声が降りてきたように思います。


それはきっと道具を持たない、裸一貫の丸腰で突き進む七殺が会得したら
最大の武器になるであろう「盾」のようなもの。
今まで自分の中で、気づきもしない未知の提案を目の前に出されると、
単純に知りたいって思いますよね。
秘密の家宝を発見したら興奮するし、絶対覗きたくなる。
そんな新しい心境。
でも、もともと持たないその手法を私が編み出すことはできるのか?
と、ややこしいことも思いつきましたが。
まぁそこは気にせず。深く考えず。シンプルに。
教えて頂けるなら教えて頂こうと。これはチャンスだ!と考えて、
弟子入りさせて頂き、私にとって謎の分野「占術」世界に踏み入れたのです。


師匠としてはもちろん、人生の先輩でもあるtaka先生。
占術超初心者の私にも、分かり易く教えて下さいますし、
生きていく上で重要なヒントを出す時には、
いつもよりもさらに優しい声で大切なキーワードを放ってくれます。


先生の教えは教科書には載ってない面白い理論がたくさん詰まっています。
運命学を飛び越えて、人生のテーマの鍵となる重要課題が散りばめられています。
まだまだ勉強中の身ですが、頼りになる師の背中を追いかけながら、
いつか盾を携えた武将になれるよう、占術世界を楽しみたいと思う所存です。


タマイロ 実胡(たまいろ みこ)
渋谷ほしよみ堂所属・占術家
<使用占術>紫微斗数、タロット


このページの先頭へ⇒

★独学では学べない秘伝

ご縁があったある女性占い師の先生に紫微斗数の鑑定を受け、
その的中率に驚愕し、独学で紫微斗数を勉強をしていました。
ですが、やはり独学には限界があったので、taka先生をご紹介いただきました。


初めてお会いした時の印象は、上品でおしゃれな先生という感じです。
あとは、お肌と髪がすごくきれいです。
先生の鑑定を受けて、鑑定でのお話の面白さに惹かれて、
私も弟子入りしようと決心しました。



飛星術などの奥義はレッスンでないと学ぶことができません。
この秘伝が使いこなせないと紫微の真髄を知ることが不可能なのです。


レッスンはとにかくわかりやすい。
お話も面白いのはもちろんのこと、先生はお弟子さんの力量や、
各種占術から読み解く性格で判断して、それぞれ教え方を変えているとのことです。


私の場合は、自分で実践してからでないと理解できない性質を、
すぐさま見抜かれて、自主的な学習で出た疑問点を中心に、
詳しく指導いただいております。
なので、占術レッスンは難しそうと最初は懸念されるかと思いますが、
その心配は無用です。
わかるまできちんと教えていただけるし、
雑談を交えて占術以外のアドバイスもしていただけます。


そして先生の同門になりますと、
毎月「紫微斗数研究会」に参加でき、さらに学習できます。
また同門の皆様同士で交流を深めることにより、
学習もはかどりますし、刺激にもなっています。
私も早く占術をマスターして、
いろいろな人の心をポジティブにするお手伝いができたらいいな、
と思っています。


磐田 津和 (会社員)


このページの先頭へ⇒

★大切な《生きる極意》を教えてくれた師匠

初めての方でもわかりやすく鑑定できるという『紫微斗数占い入門』の著書である、
taka先生にお会いすることになったきっかけは、
紫微斗数(しび-とすう)での鑑定を依頼したことが始まりです。


私は当時、今後の人生と私に向いている職業について悩んでいました。
鑑定の中で、taka先生に
「占いに興味はないの?興味があるのなら、占い師になるという手もあるよ」
とアドバイスを頂き、
「プロを育てるカリキュラムがあるから勉強して早く一人前になりましょう!」
という力強いお言葉を頂いたことで、私の占術家としての勉強が始まりました。


先生は占術の指導だけでなく、
つねに『生きるとは』というテーマを教えて下さいます。
生命をまっとうするには創造することが大切だ、と。
なりたい自分を作っていく創造性や実行力を磨くこと、だと。


ほしよみ堂は、お客様が安心して鑑定を受けることのできる占い館です。
と同時に、占術を学ぶ場所でもあり、人間関係を学べる場所でもあります。


占術家として歩みはじめたばかりの時、
私は、取り返しのつかない問題を起こしてしまいました。
ちゃっかり精神と人の心情にズケズケと進入してしまいがちな言動で、
大切な人を深く傷つけてしまったのです。
世渡り下手とか、若気の至りと簡単に済ますことのできない
、 占術家として致命的な失敗をしてしまった私に、
taka先生は厳しくご指導下さいました。


「萌花さんは良かれと思って言ったことでも、批判的に聞こえる発言が多い。
 特に目上の人との対応には、表現方法を充分に注意するべきです。
 相手は自分よりデリケートで繊細だということを強く認識しようね。
 傷つけてしまった相手に素直に、何度も、許してもらうまで謝りなさい。
 そして、謙虚な気持ちになって、この先の占術活動に生かしなさい」


厳しくも、暖かいお言葉でした。
私は心から改心し、程良い距離感で付き合うことで、トラブルが減りました。


とても大切な《生きる極意》を説いていただき、
また、師匠の懐の深さを知った忘れられない事件でした。



たちはな 萌花(たちはな もか)
名古屋ほしよみ堂所属・占術家
<使用占術>
紫微斗数・タロット


このページの先頭へ⇒

★プロの占術家になった後も温かい指導

タカ先生との出会いは、昔からの友人の紹介でした。
最初は特に占いを勧められるわけでもなく、
ダンスや音楽に詳しい、とても気さくな話しやすいお兄さん、という印象。
私自身占いに興味はあったのですが、少し手相やタロットをやる程度で、
まさか自分が占い師になろうとは思ってもいなかったです。


先生と知り合って少したってから、ちょうど恋愛で悩む時期があり、
自分でもかなりグルグルと想いが巡ってしまいました。
友人に相談して話を聞いてもらうと、
「タカ先生にみてもらうと、すごくすっきりするよ」と勧められました。
初めは「人に占ってもらうまでもない」と思っていたのですが、
次第に耐え切れなくなり、年末も忙しい12月30日に時間を裂いてもらいました。


いつもはユーモアたっぷりの先生が、
鑑定の際はとても親身になって話を聞いてくださり、
丁寧に、そして冷静に、私の命盤を読み解いてくれました。
初めて占ってもらったその「紫微斗数」というのは不思議なもので、
すっと私の中に入ってきて、ひっかかっていた心のつかえが、
ほぐれるような感じがしました。
もともと趣味で手相などをやっていたので、その紫微斗数を学びたいと、
鑑定の帰宅後すぐに教えて欲しいとメールした覚えがあります。


数ヵ月後、グループレッスンに参加させていただいて無事に弟子入り。
毎回実践的な解りやすい説明で、レッスンが毎月の楽しみになりました。
実際に占い師として活動するようになると、当然鑑定に対する悩みも増えます。
その度にアドバイスをもらい、改善方法を具体的に教えていただきました。


なにより一番驚いたのは、鑑定がうまくいかずに一人で悩みこんでいる時、
突然、先生からお電話をくださったことがありました。
私からは、誰にも何も伝えてなかったのに。
心配してかけてきてくださって、励まされ、とても勇気づけられました。


挫折するたび奮起させてもらって、そして常に新しい刺激を与えてくれて
今は占術を学ぶこと、お客さまを鑑定することがとても楽しいです。
今後さらに知識を深めて、先生の鑑定を初めて受けたとき私が感じた、
心のつかえがとれるような感覚を、一人でも多くの方に伝えられるよう
日々精進していきたいと思います。


南見 しよな(みなみ しよな)
渋谷ほしよみ堂所属・占術家
<使用占術>
紫微斗数・四柱推命・九星気学・手相・タロット・12星座・姓名判断


このページの先頭へ⇒
トップページへ⇒