海(うみ)/原宿の占い師 中島多加仁 紫微斗数タロット・占星術

HOME > 生徒様の声 > 海(うみ)

海(うみ)

名称 海(うみ)
所属 原宿ほしよみ堂
占術 タロットカード、ルノルマンカード、マヤ暦、夢占い、数秘術、四柱推命、紫微斗数、西洋占星術
プロフィール・ブログ ≫ プロフィール・ブログを見る

占術だけで終わらない先生】

taka先生との出会いは九星気学の講座でした。
九星気学を学びに来たはずなのに、気になるのはtaka先生の話し方や実際の占いの現場の生きた話。

占術の教え方はわかりやすさより「自分についてこれるかな?」という姿勢を最初は強く感じました。
でもそのおかげで、自分の探求心に火が付いたのも事実です。

ダラダラ話すような説明はせず、実践的な部分を叩き込んでくれる。 でも質問するとちゃんと理論的な部分を丁寧に教えてくださいます。

飴と鞭の使い分けがこんなに上手な先生は他にいないと思いました!

先生に出会って、人にさらに興味が湧いた

taka先生といると「なぜ?」という質問や感情がよく飛び交います。

先生の「なぜ」という言葉のおかげで、自分のことを考え直したり、自分を深く知れたり、振り返ることができるようになりました。また、他人についても興味が湧きます。

taka先生は占術的な傾向だけでなく、行動や言動や経験則からも他人を見る目があります。
なので、先生の言ってる傾向が本当に現れているのかが気になるようになりました。

taka先生と出会い、聞いたことを鵜呑みにするのではなく、疑う目を持つことや、実際はどうなのか?という、物事を深く考えたり、知ろうとする力がついたと言えます。

個性を認めてくれる、引き出してくれる

人と違うことが多い・目立つ(悪目立ちも含む)私は、20代の占い師が少ない中で、正直肩身が狭いと思いながら、占い師になりました。

でも先生は20代の時から占い師をされていたこともあり、若気の至りも、若さの苦しみも、そして強みも教えてくださいました。
それに幾度となく救われ、20代で先生に出会えたことに本当に感謝しています。

個性を批判されたことの多い私は、個性を笑い話にしてもらえたり、先生に出会えたことで私自身も個性を認めることができ、自分の個性を好きになることができました。

先生は個性に悩む生徒に「個性がないとダメ!」と、「なぜ?」という質問を繰り返し、その生徒の個性が出るように、占い師を育成してくださいます。

今後の野望

現役占い師のtaka先生の元で占い師として活動ができて、占い師の気持ちをわかってもらえる環境で占いができるということは、本当に幸せなことだと思います。

私も先生みたいに本を書いてみたい!カードを作ってみたい!そんな野望もありますが、先生やほしよみ堂のみなさんと占いと何かを融合したような、これまでにないものを作り上げたいと思っています!

唯一無二の媒体やイベントでも、どんなことでも、誰も成し得ていないことを成し遂げたい!と、漠然とした希望を抱いています。

taka先生にも、ほしよみ堂にも、そして自分に対しても、大きな夢や可能性を胸に抱きながら、これからも頑張っていきたいと思います!

< ロザリン  |  一覧へ戻る  |  ルーカス 伽豆海  >

このページのトップへ