原宿の占い師 中島多加仁 紫微斗数タロット・占星術


mail : info@hoshiyomitaka.com

紫微斗数占い星読みtakaオフィシャルサイト

ブログメニュー

最近のコメント

秀逸なコピーライトを生むには良い文章をたくさん読むこと



ブログって書いたことありますか?



文章が上手に書けるようになると

良いことがたくさん起こります。



しかし、


「ブログなんかで、簡単に物が売れるわけない」


と思っている人が少なからずいるようです。



今の時代、現金を稼ぐためのツールは、

間違いなくブログなのです。



ただし、正確に言うと…

《絶妙なコピーを含んだブログ》

なのです。



ということで、
コピーライトを研究すべきです。






秀逸なコピーライトを生み出す。



それは、

美しいデザインを作るより

はるかに難しい作業なのです。



コピーが書けるようになると、

仕事が面白くなります。



なぜならば、ほんとうに

お客さんが増えるからです。



しかも、良質なお客さんが

どんどん来てくれます。


価値のあるブログを書けるまでに、

かなり時間とお金を費やしました。


ブログを上手に書くコツは、

良い文章をたくさん読むことです。



有効なブログを書くポイントは、

何と言っても【ヘッドコピー】つまり、見出しです。



見出しの付け方次第で、勝負の行方が決まるのです。



何度も言いますが、成功するコピーの書き方は、

読み手、つまり『お客の利益』を分かりやすく書くことです。



あなたが商品を売るのだとしても、

その商品の宣伝を書くのではありません。



商品をお客が手に入れた時に、

得られる付加価値を書くのです。


お客が最終的に得られる価値を、

簡潔に表現した言葉をヘッドコピーにするのです。



ヘッドコピーの役目とは、

次の1行を読ませることです。


そして、その1行は、

次の行を読ませるための導入です。


本文の書き方なのですが、基本は会話調に書くこと。


会話しているように書くと、無理な部分が生まれます。



そんなときは、その疑問を

そのまま『カギ括弧』を使って書けばいいのです。



ブログというのは、


【読者にメリットを与えるように書く】。



そこで生まれる疑問を解決するように

展開すればいいのです。


初心者の多くが失敗するのが、価格を書く場所です。



結論から先に言うと、

価格を書く場所は最後のほうです。



文章の構造は、次の通りです。


1. ヘッドコピー

2. 本文(顧客のメリット)

3. 読者の疑問点を予測して解決

4. 結論

5. 追伸



ブログの長さなんですが、

だいたい1000文字前後がベターです。



ブログが長くなってしまう理由は、丁寧に書くからです。



長ければ反応率が高いか

というと、そういうものではありません。



最後の追伸は、ヘッドコピーの次に大切です。



追伸の役目は、最後の一押しです。



サービスや商品の希少性とか、

その真実味を表現するために追伸を使います。



ブログが上手になるには、時間がかかります。



でも、諦めないでください。


毎日書いていれば必ず上達します。



文章が上達しないのは、

週に1〜2度くらいしか書かないからです。



その程度の執筆スパンで分筆力が向上するはずない

という事実を知らないだけです。



まぁ、毎日は無理にしても

週5くらいのボリュームなら

間違いなくスキルは上達します。



半年も続ければ、どんなひとでも

プロ級の文章が書けるようになります。



嘘だと思っていませんか?


残念ながら真実です。

 

 

 

*占いレッスン50万円分が完全無料!

【紫微斗数10時間+四柱推命20時間+
タロット10時間+姓名判断5時間+手相5時間】すべて教えます!

 

 

 

 

 『日刊メルマガ』毎朝8時に配信しています。登録無料!

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 

 

中島多加仁【星読み師☆taka】

 

 

日時: 2017年10月04日 12:34 | トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.hoshiyomitaka.com/cgi-bin/mt-tb.cgi/765

トップページへ⇒