原宿の占い師 中島多加仁 紫微斗数タロット・占星術


mail : info@hoshiyomitaka.com

紫微斗数占い星読みtakaオフィシャルサイト

ブログメニュー

最近のコメント

シェアサロンのレセプション募集!


おはようございます。

 

エイプリルフールですが、

特に嘘をつく予定はございません!

 

 

さて、マリアハウスでは、

シェアサロンを経営しています。



場所は原宿と表参道の

ちょうど中間地点です。

で、じつは

スタッフを募集しているんです。

業務としては

会員さまの応対、

つまりレセプションですね。



受付とか経験があればありがたいですが

なくても向いてればOKです。

ちなみに

占いに興味がなくても

ぜんぜん大丈夫です。



なぜかというと、

ぼく自身がもともと

占いに興味がなかったからです。


できれば清潔感のある女性、

男性でもいいですが。

 

利用者の9割が女性なので

フェミニンなタイプならOKです。


多くの起業志望者は、

夢と希望を抱いて独立します。


しかし、その大半は

数年以内に廃業してしまいます。


ぼくは28歳で起業しましたが、

経営の意味を知らなかったため、

資本金を食いつぶしました。


負債を背負ってしまうと

日々の仕事が「返済」のためになります。



働いても、働いても、

利益が手元に残らないのです。


あの無力感と、

現状がいつまで続くのか…

という不安感は

例えようのない苦痛です。



ぼくが起業した当時は、

経営の本質とか、マーケティングについて

体系立てて教えてくれる人が一人もいませんでした。

 

「とにかく根性で売れ!」

「社長は気合いだ!」

そんな、経営者ばかりでした。


当時、親しくしていた社長さんの

半分以上が残っていません。


好景気の時は、

時代の流れに任せて稼いだけど、

不況が長引いたことによって売上が激減。




生産拠点が海外流出し、

ますます競争が激化します。



そんな環境で、

経営実力がないまま起業したら

失敗するのはあきらかです。


ぼくは起業の失敗があったにせよ、

再起業して事業を起動に乗せました。


そのメンタリティの根本に

『シェアする』

という意識があったからです。


東京に出たばかりの28歳、

ぼくはセミナーを開きました。


忘れもしない7月20日、

そう海の日です。


そこに参加してくれた受講生が、

場所を貸してくれたんです。


そのあと家賃を折半して、

お互いのビジネスを支え合いました。


さらに、その場所に

拠点を持たないフリーランス、

今ふうに言うとノマドですね。


そういう若者を集めて、

仕事をシェアしたのです。


自分で独り占めしない。

 

仲間と分かち合う。

 

こういった精神です。


その5年後、

原宿・表参道に

マリアハウスを建てました。



お金はなかったけれど、

理念に賛同してくれた人たちが

資金を調達してくれたのです。


マリアハウスはガラス張りですから

閉鎖的ではなく、とても開かれています。



ビューティ系のビジネスに特化し、

最安値で自由に使っていただいてます。


こういう趣旨に賛同してくだされば

ぜひ一緒に働きましょう!


夢を持ったひとだけが

マリアハウスに集まってきます。


毎日が刺激的で、

とても楽しいお仕事です。

 

 

 

*占いレッスン50万円分が完全無料!

【紫微斗数10時間+四柱推命20時間+
タロット10時間+姓名判断5時間+手相5時間】すべて教えます!

 

 

 

 

 『日刊メルマガ』毎朝8時に配信しています。登録無料!

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 

 

中島多加仁【星読み師☆taka】

 

 

日時: 2017年04月01日 09:49 | トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.hoshiyomitaka.com/cgi-bin/mt-tb.cgi/685

トップページへ⇒