原宿の占い師 中島多加仁 紫微斗数タロット・占星術


mail : info@hoshiyomitaka.com

紫微斗数占い星読みtakaオフィシャルサイト

ブログメニュー

最近のコメント

自分らしく生きると良縁が生まれる




「結婚したいのですが、どの方位が吉でしょうか?」

という質問を受けました。




結婚が発展しやすい方位、


というものはあります。



ただし、吉方位への移動は

自分の良い部分を生かすきっかけ

にすぎません。



なぜならば

運命の根本的な部分は、

その人の徳性によって決まるからです。



その理屈で考えると、


良縁を望むのならば…


【相手を幸せにできる人】に、自分がなること


これが近道です。





恋愛中は問題なくとも、

結婚してから不幸になる

というケースもあります。



ですから

あまり結婚にこだわらないで、

自分らしく生きることで

かえって良縁が出やすいものです。



結婚をゴールと考えないこと。



まず、良い趣味を持ち、

包容力のある豊かな人になる。



すると、自然に良縁が現れます。



さらにいうと、

【良縁=結婚】ではありません。



ですから「結婚できる方位」という

即物的な目的に使うことを

考えないほうがいいのです。



また、こういう心配をされる方は

物件探しの下手な方が多いです。



何かにつけて、複雑に考えてしまう傾向がある。



だから大切な情報をキャッチできず、

入念に検討するというよりも

堂々巡りになってしまうのです。



物件を探す場合、まず

住みたい地域を決めるんです。



最寄駅や範囲をいくつか定めて、

その中で探せばいいのです。



吉方位だからといって、

興味のない地域を探す必要はありません。



また、最初から凶方位に引きずられることもないのです。



運勢が良い人というのは、

このあたりの割り切りができます。



余計なものを引きずらず、

良い時期に探して良い時期に引越す。




これは運勢というよりも、


ある意味で覚悟というか、

信念のようなものかもしれませんね。



ですから、『願掛け』として

吉方位の時期を選ぶのはいいです。



ただし凶方位で探した物件は、

良さそうに見えても、

どこか欠陥があったりします。



しかし方位は悪いけど

物件の家相は良い、

ということもあります。



家相が良い場合は、

方位が悪くても軽減することもあります。



もし、どこから見ても良い物件なのに

方位だけが心配という場合は、

専門家に聞くといいでしょう。



ただし、方位信奉者ではなく、

推命を基盤として、

さらに風水も併せて見る専門家に聞いてください。

 

 

*占いレッスン50万円分が完全無料!

【紫微斗数10時間+四柱推命20時間+
タロット10時間+姓名判断5時間+手相5時間】すべて教えます!

 

 

 

 

 『日刊メルマガ』毎朝8時に配信しています。登録無料!

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 

 

中島多加仁【星読み師☆taka】

 

 

日時: 2017年12月02日 10:37 | トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.hoshiyomitaka.com/cgi-bin/mt-tb.cgi/792

トップページへ⇒