原宿の占い師 中島多加仁 紫微斗数タロット・占星術


mail : info@hoshiyomitaka.com

紫微斗数占い星読みtakaオフィシャルサイト

ブログメニュー

最近のコメント

本当の自信は動機付けから発生する





「自信が欲しいです」


「自信をつけるには、どうしたらいいですか?」


という問いが多いので、答えなくてはなりません。




よく話を聞いていると


「自信をもつためには、何かを得る必要がある」

と、思い込んでいる人が多いです。



それが資格や認定書だったり

知識や経験だったり。


でも、実際は違うんですよ。


何かを得たからといって、

自信がつくわけではないのです。



もちろん、目標をもって努力するのはよいことです。



ただ重要なのは、

その『動機』なのです。





たとえば…

人からバカにされるのが悔しくて必死で働いたとしても

それでは本当の自信は持てません。



それは単なる優越感であり、虚栄心でしかないのです。



『バカにされる側』が嫌だった


だから努力した…


という動機だと

 

何かしらの成果が出ても


『バカにする側』に回るだけ、
なんですね。



それでは、ただ虚しさが残るだけです。



自分に自信のない人が

自信のないまま資格を取得しても

達成感は得られません。



表面的に成功したかに見えても

幸せとはいえないのです。



それは自信がついたのではなく

「他人を見くだす」ことで

勝ったような気分になっただけ


そんなのは、幻惑です。



しょせん『偽りの自信』です。



そんな状態では、

他人から尊重されないのです。



一部の、よく知らない人からの

賞賛はあるでしょう。


しかし、ふとした瞬間に、

はげしい劣等感に苦しめられます。



勉強ができない。

成果が上がらない。

見捨てられるのが怖い。



そういった恐怖感があると

自分の感情を押し殺して

相手の言いなりになって苦しみます。



「相手に合わせることで大事にしてもらおうとする」

「精いっぱい尽くせば愛される」



こんな妄想に支配されていると

努力しても幸せにはなれません。



尽くしてもらわなければ満足できない…


そう考える人は、

どれだけ尽くしてもらっても

感謝が自然発生することはなく、

「うまく相手を利用している」

という支配欲が満たされるだけ。



それでは、愛は得られません。



「これだけ尽くしたのに認めてもらえない」


という焦りと妬みが募っていくのです。



「努力している」


でも、それが空回りしている気がする…



そう悩んでいる人は、


おそらく『動機』が間違っているはずです。



なんのために仕事をしているのか

なんのために勉強をはじめたのか

なんのために、その人と結婚したのか



こういう《動機》が濃厚だと

感謝の気持ちが強くなります。



いま仕事があって、

やりたいことが見つかって

好きな人と一緒にいられる



これが、最高の幸せのはず。



これから先の成功を願うのなら、

いま現状の仕事や人間関係に

心から満足することです。



つまり自信とは、

過去にあった出来事からしか湧いて来ないわけで。



ということはですよ、

過去を否定していたら

自信なんて消えちゃいますよね。



そして今というのは過去の集大成だから

現状が悪いということは

過去を否定していたり

過去の出来事に感謝してなかった

という理屈になってしまうのです。



ぼくは新規事業をするとき、

まず、この方程式を

再認識することからはじめます。



そうでなければ、



つまずいたとき

誰か他の人のせいにしてしまうからです。



他社を批判していたり

社会に憂いを持っているだけで

自信は持てなくなっていく…

これが自信のカラクリです。

 

 

*占いレッスン50万円分が完全無料!

【紫微斗数10時間+四柱推命20時間+
タロット10時間+姓名判断5時間+手相5時間】すべて教えます!

 

 

 

 

 『日刊メルマガ』毎朝8時に配信しています。登録無料!

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 

 

中島多加仁【星読み師☆taka】

 

 

日時: 2017年11月20日 15:56 | トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.hoshiyomitaka.com/cgi-bin/mt-tb.cgi/788

トップページへ⇒