原宿の占い師 中島多加仁 紫微斗数タロット・占星術


mail : info@hoshiyomitaka.com

紫微斗数占い星読みtakaオフィシャルサイト

ブログメニュー

最近のコメント

良い人=無害の人のデメリット



占い師の仕事って

コミュニケーションです。


 

コミュニケーションっていうのは

「相手」あっての手段です。


 

接する人にも、

いろんなタイプがいます。



相手との相性が合えば楽です。


だけど、感じが悪い相手だったら

かなりつらいですよね。


さて、ところで、

あなたは「いい人」ですか?



ぼくはお弟子さんたちに、

「良い人にだけはならないように!」

と教えています。



この価値観は

今にはじまったわけではなく、

すでに10代の頃から固まっていましたので、


部活やバイトの後輩にも、

その意義を教えたりしていました。



「あの人って、いい人だよね」


よく耳にする言葉です。



あるいは、

「いい人なんだけどね…残念」

という使われ方もします。



じゃあ、いい人かどうかは、

相手の何を見て判断しているのでしょう。



ポイントは《表現のスタンス》。



「この人、いい人だな」

と感じるたいていの場合、


当の本人は、

「いい人だと思われたい」

「嫌われたくない」

と思っていることが多いんです。


だから《良い人》は、

正論しか言わなかったりします。

たとえ本心は違っていても…


これは、相手から否定されたり、

批判を恐れる心理が強いため。


自分を抑え相手に合わせることで

自分も相手も傷つかずに済む。



つまり『無害の人』というわけです。



逆に、

相手を立てない

というのも、

その動機が

「いい人だと思われたい」

という欲求だからです。


これはですね。

 

相手よりも、

自分にフォーカスしているからです。



なので、

相手の話よりも

自分が言いたいことを優先してしまう。



あるいは、

自分の意見を遠慮して

相手に合わせて作り笑いをする。



そういう人は、

「自分の意見がない人」

「八方美人なひと」

という印象を与えてしまいがちです。



そうした印象が強くなると

 

「もしかして陰口言っているかも」


「調子のいいことを言っているだけかも」


なんて邪推されてしまうんです。

というか、実際


陰口をよくいう人が

「良い人」だったりするんです。


 

人って「欠点がない」存在に、

不信感を抱くものなんです。


『いい人』に思われたい

という意識とは裏腹に、

 

周りからは信用されず、

軽く見られてしまうわけです。


 

「理解されたい」と願うあまり、

誤解を生んでしまう。


皮肉ですよね。


 

「いい人」には、

こうしたデメリットがあるわけです。



だから

「良い人」と思われる必要なんて

ないんですよね。

 

 

 

*占いレッスン50万円分が完全無料!

【紫微斗数10時間+四柱推命20時間+
タロット10時間+姓名判断5時間+手相5時間】すべて教えます!

 

 

 

 

 『日刊メルマガ』毎朝8時に配信しています。登録無料!

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 

 

中島多加仁【星読み師☆taka】

 

 

日時: 2017年08月11日 19:30 | トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.hoshiyomitaka.com/cgi-bin/mt-tb.cgi/741

トップページへ⇒