原宿の占い師 中島多加仁 紫微斗数タロット・占星術


mail : info@hoshiyomitaka.com

紫微斗数占い星読みtakaオフィシャルサイト

ブログメニュー

最近のコメント

信じられるより疑われたほうが健全

 


人間関係は

「信じるか疑うか」

 

ではなくて、

 

「確認するか、しないか」

が重要です。

 

これは、

ずっと従業員やスタッフやお弟子さんに、

口を酸っぱくして話します。

 

ただ、なかなか分かってもらえなくて

縁が切れてしまうのが残念です。

 

疑われるより信じてもらうほうが
気持ち的にはいいですよね。

 

でも、ぼくは

信じてもらうよりも

疑ってもらったほうが期待値が高まります。





信じる、というのは


「正しいと思う」

になります。

 

すると

疑う、の意味は

「正しいと思わない」

になります。

 

となると、

信じると疑うは対義語になる。

 

 

誰かが言ったことを、

自分で調べもせず、ただ信じている。


これを『妄信』と呼びます。

 

この場合、


信じる人との関係は

「信じる」とか「信じない」という

言葉だけのつながり。

 

しかし

別の意見をまず疑って、
それを自分で確認した上で

「やっぱりあなたは正しかった」

となれば、

疑った相手との間には

現実的な結び付きが生まれます。

 

なので、

信じられるより

疑われたほうが健全なのです。

 

 

すぐ信じてしまうひとを、

信用してはいけません。

 

まず疑うひとを、

信用するようにしましょう。

 

言葉をそのまま信じてしまうのは、

かなり危険なのです。

 

正しいか正しくないかを、

根拠なく信じないで

かならず自分で確認すること。

 

信じるために確認するわけです。

 

しかし、これは

疑う場合も同じなんです。

 

なんでもかんでも疑えばいい、

ってわけじゃないんです。

 

だれかを疑う要領で、

自分も疑ってみることです。

 

正しいと「思う」とか「思わない」とか

そんなのは意識の問題。

 

それを確認するかどうか

というのが、行動の問題です。

 

意識と行動の両面で

相手との結び付きを持つ。

 

そのためには

「確認できるまで信じない」

という姿勢が肝心です。

 

つまり

「信じる前に自分で確認する」

という姿勢です。

 

信じる前の状態は、

けっして疑っているわけではありません。


もし、あなたが

「信じているから確認しない」

のであれば、


それは

「疑っているから確認する」

という意識だということです。

 

それって表面では善人にみえるけど

心のなかは淀んでいますよね。


『信じるために確認する』のです。

 

じゃないと、

 

他人との結び付きが

意識か行動のどちらかに偏ってしまいます。

 

これは、疑っている場合も同じ。

 

かりに疑ったとしても確認することで、

人との関係が絆となるからです。

 

確認すれば結び付きがうまれます。

 


が、確認しなければ

関係は断絶することになります。

 

このように人間関係は

「信じるか、疑うか」ではなく


「確認するか、しないか」

が決め手となるのです。

 

ぼくの言葉を信じるんじゃなく、

疑うのでもなくて、

「確認してくださいね」と、

スタッフやお弟子さんに求めます。

 

信じてしまうから疑う羽目になる。

 

だったら最初から

信じないほうがいい。

 

ぼくが信じるのは、

あくまでも自分自身のみ。

 

じぶん以外は信じたりしない。

 

だから誰も疑うことがない。

 

疑ってしまって、

仮にそれが勘違いだとなると、

逆に信じなくちゃならないことになる。


それはそれで危険。

いびつな人間関係のはじまりです。

 

信じるというのがなぜ危険か、

お分かりいただけたでしょうか。

 

信じた対象からは、

かならず裏切られるからです。

 

親子の関係が、

その代表的な例です。

 

その次が、

先生と生徒、

監督と選手、

師匠と弟子...

とにかく上下関係には

『信じる=疑う』

という感情を超えたシビアな感覚なのです。

 

 

*占いレッスン50万円分が完全無料!

【紫微斗数10時間+四柱推命20時間+
タロット10時間+姓名判断5時間+手相5時間】すべて教えます!

 

 

 

 

 『日刊メルマガ』毎朝8時に配信しています。登録無料!

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 

 

中島多加仁【星読み師☆taka】

 

 

日時: 2016年12月20日 10:01 | トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.hoshiyomitaka.com/cgi-bin/mt-tb.cgi/653

トップページへ⇒