原宿の占い師 中島多加仁 紫微斗数タロット・占星術


mail : info@hoshiyomitaka.com

紫微斗数占い星読みtakaオフィシャルサイト

ブログメニュー

最近のコメント

ひとつの視点でレッテルを貼らない

 

人間関係のトラブルは、

誤解が9割だと考えています。




誤解を減らすには、

自己イメージと

他者からのイメージを

一致させる
必要があります。


しかし、

誰かが作った自分へのイメージは
とても頑固なので、

かんたんに修正できるものではありません。

 

相手の歪んだイメージを修正することはできないので、

まず誠実的な行動をとることがたいせつです。

 

誠実な行動をとっていれば、

集団の中では評価されるからです。

 

集団の中で評価があがれば、

わずか数名からマイナスの誤解を持たれたとしても

さほど大きな問題にはなりません。


しかも誠実な行動をとっていれば

誰かからマイナス評価されても、

周りの方が別の見方を提案してくれます。


正しい行動していれば

いずれ誤解は溶けるのです。


例えば

「あのひと、神経質で嫌になる」

というボヤキに対して、


「そうですか?

いつも時間通りに仕事してくれて

とても助かっていますよ」

 

という別の視点に変えて、

助言してくれたりするのです。

 

周りの歪んだ誤解に一喜一憂せず、

堂々と行動することです。

 

誤解を受けないためには、

本音をすぐ言葉にしない。

独りよがりな表現をしない。

 

もし

周りから誤解を受けやすい…

と感じていたら、

 

「自分が相手を誤解していないか」

と、疑ってみましょう。


他人を誤解すると、

仕事でも恋愛でも損をすることになります。

 

例えば、第一印象で

「なんだか感じが悪いな」

と思った異性が、じつは相性が抜群だった、

なんてことがあるかもしれません。

 

人を正しく観る目がないと
損をしてしまうことになります。

 

相手を誤解しないためには、
レッテルを貼らないことです。


たとえば、

「あのひとは乱暴なひとだ」

「要領が悪いやつだ」

と、かりに思ってしまっても、

簡単に評価をくださない。

 

相手を理解した瞬間から、誤解が始まっていくのです。

 


どんなに仲のいい夫婦た恋人でも、

すべてを理解し合うのは難しい。

 

人は多くの側面を持っていますし、

たえず変化するからです。

 

また、その変化を認めてあげることも必要です。

 

相手の性格や印象を多面的に捉え、

更新していくという姿勢です。


レッテルを貼ってしまうと

思考が停止してしまい、

それ以外のその人の側面が

まったく見れなくなります。

 

どんな酷い性格の人でも

良い面があります。

 

逆に、どんな善人でも

問題点はあるのです。


とはいえど、

人間観察をするだけでは

そのひとの本質は理解できません。

 

ですから、ぼくたちは

いくつかの命術をつかって

複合的に判断するのです。

 

たったひとつの占いで

レッテルを貼るのは危険です。


四柱推命だけでなく、

紫微斗数(しび・とすう)、

西洋占星術などを駆使して、

複合的に判断します。


が、それはすべて

判断する材料に過ぎません。

占いでレッテルを貼らないこと。

 

それが占い師の正しい姿勢です。

 

 

 



★☆今月のイベント★☆

27日に糸川華凜先生が
東京でセミナーをやります。

西洋占星術の中でも、
的中率にこだわった占い手法を
2時間で学べます。

まったくの初心者が対象です。

12月27日 18:00〜20:00


参加費は3,000円


場所は原宿のマリアハウス
(東京都渋谷区神宮前3-18-16)



★☆年末年始のお知らせ★☆

年末の鑑定可能な日は、
24、26、30日のみです。

年始は3日があいています。

あと7、8、9日にも
いまのところなんとかなります!

鑑定のご依頼はお早めに(^^)
 

*占いレッスン50万円分が完全無料!

【紫微斗数10時間+四柱推命20時間+
タロット10時間+姓名判断5時間+手相5時間】すべて教えます!

 

 

 

 

 『日刊メルマガ』毎朝8時に配信しています。登録無料!

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 

 

中島多加仁【星読み師☆taka】

 

 

日時: 2016年12月23日 13:53 | トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.hoshiyomitaka.com/cgi-bin/mt-tb.cgi/654

トップページへ⇒