原宿の占い師 中島多加仁 紫微斗数タロット・占星術


mail : info@hoshiyomitaka.com

紫微斗数占い星読みtakaオフィシャルサイト

ブログメニュー

最近のコメント

時期によって変わる気の流れ




時期によって
気の流れは変わります。

 

それを取り込む技術をもった
風水の流派、

それが『玄空派』です。

 

玄空派のルーツを辿っていくと、
ある占いの姿が見えてきます。

 

それが『奇門遁甲』です。

「きもん・とんこう」と読みます。

 

奇門遁甲は本来、時間ごとに変わる
方位の吉凶を見る占いです。

 

古代の中国人は
戦争に利用していました。

 

どの方角から攻めるか。

どの方角に逃げるか。

 

そうした戦略を、

占いによって決めていたわけです。

 

風水は基本的に
「住環境」を整える占いなので

いっけん関係ないように思えます。

 

 

でも考えてみるに、

風水も方位とりも、
気の流れを「選ぶ」行為に変わりはない。

 

ただ、動的な選択か
静的な選択かの違いです。

 

 

ですから、本来は
両方の気の流れを考える必要があるわけです。

 

たとえば、
住宅や店舗を探す場合。


最初は現地に行ってみたり、
不動産屋さんを訪ねて物件を探しますよね。

 

で、実際に歩いてみて、

交通の便だとか
生活に必要なお店を確かめる。

 

この時点では

「動的」な選択をしています。

 

そして、物件の中に入ってみて
日当たりや風通し、

使い勝手を確かめる。

 

 

これが「静的」な選択

というわけです。

 

 

つまり、普段から無意識に
両方の選択をしているわけです。

 

 

これを理論に沿って行うのが、
風水や奇門遁甲というわけです。

 

ぼくが奇門遁甲という言葉を初めて知ったのは、

まだ23才の時でした。

 

当時ぼくは、ある霊学家のもとで、

修行生活を送っていました。

 

 

俗世間から離れ、
ありとあらゆる宗教学と神秘学の知識を
集中的に学んでいたのです。

 

ある日、師匠から
こう告げられました。

 

「指導的立場に立つ人間は、

 

四柱推命と易、奇門遁甲を学ぶ必要がある」


と。

 

当時のぼくにとって斬新な言葉でした。

 

一時的とはいえ、学生時代は
オカルトに関心がありました。

 

 

ですから、すでに
神秘学の知識に関しては
けっこう自信があったんです。

 

とはいえど、
とても衝撃的でした。

 

あれから20年が経ちましたが、
改めて今その言葉の真意が理解できます。

 

四柱推命、易、奇門遁甲、そして風水。

 

いずれも別々ではなく、
繋がっています。

 

風水だけでも複雑なのに、
いろんな要素が絡んでパニック…
という人も多いかもしれませんね!

 

でも、
大枠さえつかめば意外と簡単。

 

ようは別々で学ぼうとするから
大変なのです。

 

すべてのつながりを
理解すればいい。

 

それに気がつくまでに
時間がかかるだけです。

 

 

 

 

*占いレッスン50万円分が完全無料!

【紫微斗数10時間+四柱推命20時間+
タロット10時間+姓名判断5時間+手相5時間】すべて教えます!

 

 

 

 

 『日刊メルマガ』毎朝8時に配信しています。登録無料!

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 

 

中島多加仁【星読み師☆taka】

 

 

日時: 2016年11月18日 09:03 | トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.hoshiyomitaka.com/cgi-bin/mt-tb.cgi/644

トップページへ⇒