相手を愛するためには、まず自分自身を愛すること/コラム

HOME > コラム > 思想・哲学・心理学 > 相手を愛するためには、まず自分自身を愛すること

相手を愛するためには、まず自分自身を愛すること



大好きな人と付き合って結婚し、

そのまま永遠のパートナーとして一生苦楽を共にしたい…


これは、すべての男女がもつ共通欲求ではないでしょうか。



あなたは、どんな異性と付き合いたいですか?


どんな異性と苦楽を分かち合いたいですか?



それは、お互いが

本音を言い合ってもストレスをあまり感じなく、

笑って話せる関係だと言えますよね。




好きな人と付き合いタイプの人と結婚する


これは、とても素敵な夢ですね。


でも、本当に幸せなのは


どんなことでも素直に話せて、受け入れられる関係

これこそが、最高に幸せなのです。



好きな人が現れたら、本音で素直に話すといいいでしょう。


そのとき相手が笑顔で共感してくれたら

 

関係が発展する可能性があります。



 

相手を愛するためには、

まず自分自身を愛することが先なんです。



相手に本音を話せる人は、

自分に嘘がなくて本音で生きている人なのです。



では逆に、

愛が欠如するって、どういうことでしょう。



欲望を隠したり、欲望を理屈でごまかしたり

表面的に善人のふりをして

自分の醜い部分を見つめない…


すると、自分に嘘をつくことになります。



「本当の自分を見せたら嫌われるかもしれない」


そんな恐れがあるため、
本音を隠している状態です。



よく勘違いしやすいのですが、

繊細だから精神が病むのではありません。



ほんとうに繊細な人は、

社会の不条理や他人の悪意に傷つきます。



その反面、自分の内面を深く知っています。



ですから、

自分に対しては幸福を感じるのです。



相手の感情は、どうすることもできないけれど

自分の感情は、どのようにでもなります。




誤解を恐れずに言いますが、

精神が病んでしまう人って

他人の苦悩には無関心だったりするのです。



「自分は被害者であり、不当に評価されている」

「悪いのは周囲の環境だ」

などと、思っていたりします。



あなたは占い師に相談する場合、

他人の苦悩のために相談したりしますか?



多くは、自分の健康、自分の仕事や結婚に関して鑑定を依頼します。



そこで、ぼくは思います。

『運命学は何のためにあるのか』と。



その答えとしては、

自分の持って生まれた命を、

すべて正常に発動させるため

ではないでしょうか。



 

「わたしはどうなるの?」

ではなく、

「私は、どうすべきか」

を問うのが運命学であり、

それを知っているのが真の占い師だと思うのです。



占いを学びますと、

普通の人よりも感受性が発達します。


つまり、敏感になります。


すると自分に対して穏やかになります。



しかも

他人の悲しみがより分かるので、慈悲深くなっていきます。



その結果、

他人のために苦悩するようになるのです。

幸福でない人は、自分のことに悩みます。




幸福な人は、他人のことで悩むのです。


星が正常に動いている人は、運がいいものです。



さて、あなたの星は、

どれが動いていて、どれが眠っているでしょうか。



眠っている星があれば、なぜ眠っているのか、を問う。



その原因が分かれば、幸福への道が開けるからです。

 

 

 


[[[[[[[[ 占い師随時募集中! [[[[[[[[


ほしよみ堂では電話占い師を育てています。

「占いなんてやったことない」
というひとでも最短2ヶ月でデビューできます。

【電話占いのお仕事】

【占い師見習い募集】


動画で解説しています。
【紫微斗数とは何か】



詳しくはコチラです!
【紫微斗数web講座】 
 

 

 

 

< 愛の正体  |  一覧へ戻る  |  四柱推命で劣等感が分かります >

このページのトップへ