原宿の占い師 中島多加仁 紫微斗数タロット・占星術


mail : info@hoshiyomitaka.com

紫微斗数占い星読みtakaオフィシャルサイト

ブログメニュー

最近のコメント

なにゆえ弟子に教えようとするのか




初めてぼくが師匠に付いたのは

二十歳のときでした。



そのときは、占術というより

神秘的な術を教わりました。



とにかくそれは、

魅力的な術ばかりでした。



さらに先生から、

易と姓名学を習得し、

 

「君は人の上に立つ人だから

  四柱推命と奇門遁甲を学びなさい」


と言われたのです。


その時の言葉によって

ぼくの心に占術家としての基礎が

組み込まれたような気がしました。




どうせだったら『よき師匠』に恵まれたい、


誰もが、そう思うのではないでしょうか。



よき師匠に巡り合わず成功している人は

いないように感じます。



ただし『よき師匠』には

選ぶ権利があるのです。


よき師匠には、よき弟子がいます。



さらにいうと

師匠と弟子には

相性があるように思えます。



つまり

理想とする『よき師匠』と巡り会うには、

まず自分が『よき弟子』で

あらねばならないのです。



そもそも師匠たる人が

なにゆえ弟子をとって教えようとするのか?



それを知らずして、師弟は成り立ちません。



それは師匠にとって

理由があるから教えるのです。


「自分の技術や志を継いでくれそう」


「業界の発展に貢献してくれそう」


「とにかく素直だから可愛いと感じる」


「心配に値するから放っておけない」



つまり《見所がある》と感じるわけです。



ちなみに、その共通点は

「若い時の自分にちょっと似てる」

という点だと思います。



自分の若い頃と

まったく似ていない人に対し、

人生での経験を引き継ごうとは

あまり思わないからです。


裏を返せば、

弟子からすると

 

師匠の若い時と重なる部分を

自分の内面に持たなければ

師弟関係は濃くならない、

ということになります。



もし、あなたが

「論理的に教えてくれる師匠がほしい」

と思っている人ならば、

あなた自身が

論理的ではないといけません。


自分と似たタイプの師匠を

見つけることです。



逆に、

「今の自分を変えたい」

と思っている人もいます。



大半はそうだと思います。



そうするためには、

自分の性格を変える必要があるのです。



では、性格って変わるのか?

基本的には変わりませんが、

変わる部分もあります。


それを変えてくれるのが、

師匠の存在だったりするのです。



人は、どうやって変わるのか。

「思考」が「言葉」となり、

それが「行動」を産み、

「習慣」となって「性格」がつくられ、

それが「運命」となる。



こういった連鎖があるのです。



つまり…

運命を変えるには性格を変える。

性格を変えるには習慣を変える。

習慣を変えるには行動を変える。

行動を変えるには言葉を変える。

言葉を変えるには思考を変える。

 

まず「思考」から変えなければ

なにも変わることはないのです。



ただし、

自分自身を自分で変えることは不可能です。


そこには師匠の存在が重要なのです。

 

 

 

*占いレッスン50万円分が完全無料!

【紫微斗数10時間+四柱推命20時間+
タロット10時間+姓名判断5時間+手相5時間】すべて教えます!

 

 

 

 

 『日刊メルマガ』毎朝8時に配信しています。登録無料!

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 

 

中島多加仁【星読み師☆taka】

 

 

日時: 2017年11月23日 10:47 | トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.hoshiyomitaka.com/cgi-bin/mt-tb.cgi/789

トップページへ⇒