原宿の占い師 中島多加仁 紫微斗数タロット・占星術


mail : info@hoshiyomitaka.com

紫微斗数占い星読みtakaオフィシャルサイト

ブログメニュー

最近のコメント

当てる占い師とハズす占い師の差



どうせ占うのだから、

「当たる」占いをしたいですよね。



占いが当たるか、当たらないか。


その差ってなんでしょう?

 

占いの種類ではありません。





『紫微斗数』も当たるし、

手相やタロットだって当たります。

 

 

 

ただ《わかるジャンル》が違うだけ。



 

極端な言い方をすると、

基本的に「占い」がハズレることってないんです。

 

 


もし、ハズレたとすれば、

それは「占い師」のせいです。

 



では、

当てる占い師とハズす占い師.....



その違いは、どこにあるか。




能力の高さ?

それとも知識の量?

経験の差?



残念ながら、どれも不正解です。



占いをハズしてしまう原因は、

【相談者とのコミュニケーション】


にあります。



占いの結果は、

カードや星などの「象徴」として

現れるだけなんです。


象徴って曖昧なものですから、

複数の解釈が可能になります。



それを、

相談者の現状や気持ちと、

どうリンクさせていくか。



ここがポイントなんです。


とくに初心者の場合、つい

「カード」や星の意味を読もうと

必死になってしまうんです。



で、その結果、

目の前の相談者を、

ないがしろにしてしまう。



だから

相談者が知りたいことと

違う内容を伝えてしまうわけです。



占いは当たっていた、

にもかかわらず。


当然ですが、相談者は、

占いの専門家ではありません。



だから、結果は当たっていても、

ニュアンスが伝わらないと、

「ハズレた」

と感じてしまうんです。



一方的な独断と偏見でアドバイスされても、

納得できるはずありませんよね。



だから満足感も得られない。



そうなると、次の相談はありません。


人気がない占い師は、

これを知らないんです。


あるいは、

知っているんだけれど

どうやっていいのか分からない。



そして、

お客さんが来なくて悩んでいます。



解決法は、いたって簡単。



わからないことは、

相手に「訊く」こと。



すべてを占いのみで、

読み取ろうとしない。



学生時代に

テストの前になると、

先生から言われた言葉。

「設問をよく読みましょう」

と、言われたはずです。



これは占いも同じ。



まずは、相手の話をよく聴くこと。



相談者は何を求めているのか。



そもそも本当に

悩んでいるのは何なのか。



本人の気持ちになって、よく理解するのです。



ただし考えてはいけません。



考えてしまうと、

間違った答えを思ったりするから。

 

だから、考えないで感じるんです。



カードを引いたとき、

いまいちピンとこなくても、



相談者の話を聞くうちに、

伝えるべきメッセージが降りてきます。



自分のインスピレーションと、

相手の想いがつながることで

的確な占いができるわけです。


 

占いを習得するときに、

必ず必要になる条件。



それは、他人を占うこと。



どんな占いでもそうです。

 

手相もタロットも、

四柱推命も紫微斗数も、

本なんて読まないで、まず占ってみる。



タロット買ってみたけど

いまいちコツがつかめない。



という人は、

本を読むのをやめて、

知人を占ってみてください。


それでも自信がないという人は、

ぜひ、講座に参加してください。


ぼくは難しい講釈はしません。


《実占》を通して、

コツを掴めるように導きます。



できるだけ

難しい本は読まない方が良いです。

 

 

*占いレッスン50万円分が完全無料!

【紫微斗数10時間+四柱推命20時間+
タロット10時間+姓名判断5時間+手相5時間】すべて教えます!

 

 

 

 

 『日刊メルマガ』毎朝8時に配信しています。登録無料!

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 

 

中島多加仁【星読み師☆taka】

 

 

日時: 2017年08月05日 10:43 | トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.hoshiyomitaka.com/cgi-bin/mt-tb.cgi/739

トップページへ⇒