原宿の占い師 中島多加仁 紫微斗数タロット・占星術


mail : info@hoshiyomitaka.com

紫微斗数占い星読みtakaオフィシャルサイト

ブログメニュー

最近のコメント

慣れればなれる 〜 必死になって勉強してはいけない




占いを学ぶ時、

とても大切な条件があります。



それが、

必死になって勉強してはいけない

という点です。



占いは学問というより、

人間観察の要素が強いです。



ですから占い師は、

『人間が大好き』

という姿勢が重要です。



なので、

知識があったからといって

占い師になれるわけではありません。



まぁ、

占い師には誰でもなれます。



なれますけど、

稼げるかどうかは別問題。



占いでお金をいただく場合、

お客さんが、

「この先生になら払ってでも鑑定してもらいたい」

と思うかどうかが鍵です。



占い師になるには、

知識を深めるまえに

『占い師に出会う』こと。



そして、

占い師に会い続ける。


 

できれば、

売れていて成功している

現役の占い師に会うのがいい。



そういう機会を、

ぼくは設けているわけです。



それが、

『ほぼにち占い教室』。


ちなみに今夜は、

九星気学を教えます。


19時から45分で1500円です。



ぼくは10年以上、

毎日欠かさず占いの勉強を教えています。



生徒と会わない日なんて、一日もありません。



レッスンが入っていなくても、

鑑定していたりします。



対面だけでなく、電話やSkypeでも

鑑定やレッスンはやります。



占うことが大好きですし、

伝えるのはもっと好き。



人間に興味がありますから、

文化人類学を勉強したり、

歴史を考察したりします。



で、分かったこと。



人間の価値は知識ではない。

経験でもない。



勇気と度胸である。




もじもじ悩んでいないで、

バッと飛び出してみましょう。



今日も2名、

占い師志願者の面接をします。



どんどん集まってきます。



でも、


占いで稼げる人と

そうでない人がいます。


 

その違いは、知識や経験ではない。



占い師になるには、慣れること。



慣れてしまえば、すぐになれます。



知識を得るために勉強する、

という思考を捨ててください。



占い師と会っていれば、占い師になれます。



それが証拠に、ぼくの友人は全員、

ひとり残らず占い師になっていますから。



本を書いている身で

こういうのもなんですが、

本を読んだだけではプロにはなれません。



占い師の生き方や考え方、

しゃべり方とかしぐさ…


そういうものに直接触れること。



それが唯一の道です。



近道とかではなく、

それがたったひとつの道。


これ、本音です。



勉強なんてしなくていい。

とにかく、占いをやってみる。


やりかたなんて、教えてあげますよ。

 

 

 

都内にお努めのOLさんを対象に、

夜19時から45分、

 

ほぼにち占い教室

 

受講料は税込み1500円。


紫微斗数(しびとすう)、
四柱推命(しちゅうすいめい)、
姓名判断(せいめいはんだん)、
九星気学やタロットなどを、

基礎と実践にわけて教えます。


定員は6名です。

*占いレッスン50万円分が完全無料!

【紫微斗数10時間+四柱推命20時間+
タロット10時間+姓名判断5時間+手相5時間】すべて教えます!

 

 

 

 

 『日刊メルマガ』毎朝8時に配信しています。登録無料!

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 

 

中島多加仁【星読み師☆taka】

 

 

日時: 2017年03月28日 12:26 | トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.hoshiyomitaka.com/cgi-bin/mt-tb.cgi/683

トップページへ⇒