2013年7月/コラム

HOME > コラム > アーカイブ > 2013年7月

2013年7月

明治から大正に元号が変わった日

おはようございます。

日曜日は渋谷ほしよみ堂にて『気学セミナー』でした。
ありがたいことに満席で、
さらにキャンセル待ちも多数いらしたので、
来月25日に、追加講座を開くことになりました。

残席4名ほどあります。


さて、今日は三碧木星の日。
そして「大正改元」の日でもあります。

大正改元とは、明治から大正に元号が変わったということ。
今から101年前の7月30日の出来事です。

さて『元号』って何をもとに決められるのでしょうか。
どうやら中国の古い書物からの引用が多いようです。

「大正」の場合、参照元は『易経』だといわれています。
易経は、伝統的な占いのひとつ『易』のテキスト。

易の占い結果のひとつ「地沢臨(ちたくりん)」。
その説明文に、

「大いに亨(とほ)りて以て、正しきは、天の道なり」

とあります。
この一文の「大いに」と「正しき」から、
「大正」としたわけですね。
元号は、ある意味、新しい時代の名付けの儀式とも言えます。
ですから、このように深い根拠とゲン担ぎが必要とされるのでしょうね。

さて、今日のメルマガは昨日の続き。
無駄のない動き「作法」を身につけることが、
どうして開運につながるか。
その意味を深く探ってみたいと思います。


毎朝8時に配信しています。
登録は無料です!

メルマガの登録はコチラから。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

中島多加仁【星読み師☆taka】

« 2013年6月 | メインページ | アーカイブ | 2013年8月 »

このページのトップへ